topimage

2006-05

制作 - 2006.05.29 Mon

ここ2日ばかり、制作に明け暮れている。
というのも、ウリ子の誕生日が近いからだ。

本来なら、カメラ屋さんにネガを渡して写真にすればいいことなのだろうが、
CGを勉強してきた私には

制作意欲

という、恐ろしいくらいのエネルギーが、ムクムクと湧き出してしまうため、

自分でやる!

と、結局自分でやるハメになってしまう。(←墓穴をほってしまったのかな?)

60枚以上もの画像を加工し、文字やその他のイラストと一緒に編集するという作業の繰り返し。
ウリ子が寝ている時は作業ははかどる。
が、併せて家事も待っているため、なかなか時間にゆとりがない。

明日くらいまでには終わらせ、どんな感じで仕上がるのか確認しなければ。。。
明日の朝が勝負かな。。。といったところである。

ウリ子はスヤスヤ?いや、爆睡している姿を見ると羨ましくも思うが、
実際私自身も小さい頃、同じように寝ていたのだろう。
きっと、ウリ子が結婚し子供を生んだ時に経験すると思えば(←気が早すぎるかしら?)大したことはない。(←嘘ばっかり

がんばれ、私!
顔晴れ、ウリ子ママ

確信(^^)v - 2006.05.28 Sun

私は見た!(←まるで家政婦は見た?)

ウリ子が、一歩踏み出すのを!!

それは、昨夜見たものが偶然じゃなく、確信にしてくれた光景だった。


いつものように、ウリ子は朝起きると主人か私に抱っこされて寝室からリビングへとやってくる。
そして、ソファーの前に敷かれたマットの上で遊んだりオムツを替えたりect。。。

離乳食を終え、今度は私が朝食を採っていた時のことだった。
ふっといつものようにその場に立ち上がった。
何故か私の心の中で

もしかすると。。。

と、感じるものがあり、

ウリ子!『どしん、どしん』しておいで

と足踏みをして見せた。


すると、
ニコニコ笑いながらウリ子が一歩足を踏み出したのだ!!

きゃぁ~~~~~っ(←悲鳴じゃないよ

おまけに、すぐには倒れず踏み出したままその姿勢を保っていた。

ほぉ~~~~っ(←マジで感心してる)

歩き出すと早いからねぇと。。。
ということは、ポチャポチャウリ子も今のうちってことだろう。
太ももは特に気持ちがいいから、今のうち触っておかねば!
(↑ヘン?)

偶然??? - 2006.05.27 Sat

偶然だろうか?
いや、ちがう。

確かに見た。

そう。。。

ウリ子が、一歩。。。

歩いたのだ!!

うわぁ~~~~~~~~~~~~~~い。

嬉しくて、嬉しくて。。。感動の瞬間

ダブルレインボー - 2006.05.27 Sat

虹1

先日、油山牧場の「もーもーらんど」へ行ったときのことだ。
昼食時だったから、12時半を過ぎた頃だろうか。。。

何気なく空を仰ぐと目の前に虹がかかっていた。
しかも雲に沿って虹がかかっているのだ。
それはそれは見事な色彩を奏でていた。
虹2虹3
私は月が、主人は星が大好きだ。
そして、自然が好きだ。
空に浮かぶ雲や、山手を通る雲と雨。
様々な自然現象に興味を持って楽しんでしまう。
そんな2人から生まれたウリ子。
いったい何に興味を持つのだろう。
今からが楽しみである。

それはさておき、虹の話。
水蒸気の関係で現れたのだと思ったが本当に綺麗だった。
2人でデジカメやビデオを抱えて撮影するものだから、近くにいた人も
「何なのだろう?」と不可思議な顔をしていた。
とっさに、「虹ですよ」と。
そしたら、感嘆の声が聞こえた。

そのうち、太陽の周りにも虹が出た。
おぉ~~っ、ダブルレインボーだ!

ダブルレインボーを見ると、幸せになるという。
これでもか!というくらいのダブルレインボーを何年前だっただろうか?
ハワイで見たことがある。
それも雨上がりのときで、とても美しかった。

ダブルレインボー

青い空に浮かぶ雲と虹。
何かのメッセージなのだろうか。
そう思わずにはいられないくらいだった。
虹は一時間以上出続けていたように思う。

爽やかな青空の下、心地よい時間が家族3人に流れていた。

素敵な日 - 2006.05.25 Thu

今日は、車で20分位でいける油山牧場「もーもーらんど」へ家族3人で出かけた。
ものすごく良い天気で、風も心地よく吹いている。

平日なので「人は少なくて貸し切りみたいかもね」と話していたら、とんでもなかった。
とはいえ、週末と比較すると少ないのかな???
幼稚園児の遠足が多かったからだろう。
ウリ子は、お兄ちゃん&お姉ちゃん達をみて嬉しそうにしていた。
青空の下で

人も多いというのもあり、昼食を採るために座る場所の確保に時間がかかった。
ようやく遠くに牛達を眺めてのんびる出来る場所を発見。
青空の下で2

さっそくレジャーシートを敷き、パンのお弁当をパクパク
牧場の牛乳も美味しかった。
よく振って飲まないと、生クリームが浮上するらしく、振りまくって飲んだ。
主人曰く、最後の一本だったらしい。(←貴重過ぎる!!!)

サンドイッチを食べながら、空に浮かぶ雲や虹(後日このことはUP予定)、飛び交う蝶々etcをのんびり眺めた。

何はともあれ、楽しく食事が出来た。
外で食べると美味しいなぁって改めて思った。
ウリ子も同じように感じてくれたかな?
昼下がりのひとときのほほん

しばらくして、牧場内にアナウンスが流れた。
乳搾り体験を無料で行えますので。。。」

!!

これは行かねば!

そう思っていたが、幼稚園児たちに先を越され、搾乳場所へ着いたときには、定員100名をすでに越していたらしく、見学のみとなった
くつろぎ過ぎ?

ウリ子は食後のためか、眠くなったのだろう。
牛達を見るときも、だらぁ~~っとくつろいでいるのか。。。(^^;
ちょっと、くつろぎすぎとも思ったが、誰に似たのだろう?(←私?)

その後、展望台へと自然を堪能しながらテクテクと歩いて行った。
途中、たくさんの牛達が放牧され黙々と草を食べていた。
放牧牛軍団牛さん達と

ようやく展望台に着いて、暫くすると、すぐそばまで一頭の牛がやってきた。

ウリ子が食べられる!

と、思ったが柵があるので大丈夫だろうと思っていたら、ウリ子が怖くなったのか泣き出してしまった。
すぐさま、ウリ子を牛から遠ざけた。

ウリ子、ごめんね

可愛いね

それから、ふれあい牧場へと歩いて行った。
そこには、豚や子羊、ウコッケイなどがいた。
途中、乗馬体験が出来るという場所へ来たが、さすがにウリ子には早すぎて。。。4歳まではお預けだ。(←って、本当は私が乗りたかった?)

この牧場は、色んな動物がいるにも関わらず、掃除も行き届いておりとても綺麗だ。
ここで働いていらっしゃる方の一生懸命さというのだろうか、動物への愛情と共に、それが伝わってきた。

牧場内を歩きながら、福岡市内の景色を眺めていた。
こんなにも近いのに、たくさんの自然に恵まれたこの環境のすばらしさ。
また来たいなぁと思った。

私が小さい頃、自然に恵まれた場所で育った。
都会のゴミゴミとした場所とは違い、伸び伸びと育ててもらった。
9歳まで住んでいた家の裏には、春になると筍やつくし、わらびも育っていて旬の味を堪能できていた。
おかげで山菜が大好きだ。
牛乳も搾りたてを毎日飲み、店で買う牛乳がとても味が薄く感じられるほどだった。
空気もとても綺麗で、水も井戸水でとても美味しかった。
ウリ子も、こんな環境で育てたいと思っている。

今年初の紫陽花

もーもーらんど」を後にする前に、咲きかけの紫陽花を見に行った。
紫陽花といえば、梅雨や6月を連想させる。
そう、そしてウリ子の誕生月だ。
あと1週間ほどでやってくる誕生日。
紫陽花の満開も楽しみだ。

やっぱり早い - 2006.05.23 Tue

素早い1待て~っ

う~~ん。
家では、ハイハイで移動するウリ子。
やっぱりものすごいスピードだ。
もし、あの時。。。(←諦めの悪い奴だ)

今日は、天気も良く洗濯物を干して、ウリ子と絵本を読んだり
スーパーウーマンごっこをしたりして遊んだ。

あぁ、平凡だけど幸せ。。。

そんなことを考えていたら。。。
気が付くと、ウリ子が本棚から本や辞書、棚からはDVD、オムツ入れからはオムツを。。。エンドレスで色んなものを引っ張り出していた。
最近は逃げ足も速く、イタチゴッコとはいえ片付けに追われる

もうまもなく満一歳の誕生日がやってくる。
今日は、
「ウリ子がクシャクシャにしても良いや!」
と、大きな心で構えて、当日の飾りつけを一緒に作った。

両面色付きの折り紙を6枚に切り、輪っかを作って繋げていった。
ウリ子は横で、その折り紙をクシャクシャにしては、破ろうと企んでいる。
笑いながらも私の顔はピクピクしていた。
何枚か破られてしまったが、糊でくっつけてしまえば大丈夫
45枚の折り紙は全てリング状のリボン飾り(←何ていうのだろう?)へと姿を変えた。
先日実家へ行ったときに、甥っ子もウリ子のためにと手伝ってくれたので、そう時間はかからなかった。
(↑勇&直、ありがとう

誕生日が待ち遠しい?

帰宅した主人に自慢げに見せると、
「俺も作りたかったぁ」
と、ポツリ。
長さが足りないだろうから、明日にでも買いに行こうと予定していて良かった。
主人も無邪気に作ってくれるだろう。
その横で、きっとウリ子がクシャクシャにするとは思うが、想像するだけで微笑ましく思う。
あぁ、やっぱり親ばかだ。
想像するだけで、そこに登場するウリ子が可愛いなんて。。。
重症だ

まるで宝くじのように - 2006.05.22 Mon

今日は、ウリ子の「ハイハイレースチャンピオン大会」の模様を、ブログ上で中継(?)しようと思う。


決戦前のひととき

家を出発して実家へと車を急がせた。
そして、兄(ウリ子の伯父ちゃん)と一緒に会場へと向かった。
前回の時とは、打って変わって人が多い。
レースに参加する子供たちの親は、
「うちの子がグランドチャンピオンになるにちがいない」
というようなオーラをみなぎらせて今か今かとその時を待っていた。
心なしか、私も手に汗を握り、緊張のせいか冷たくなっていた。
それに反して、ウリ子は何のことか分かっていないようで(←当たり前だ)、無邪気に遊んでいた。
今日のレースは第3レースだという。
前回は第6レースだったから、開始までそう時間はない。

どっきん、どっきん

まるで、みのもんたから
「ファイナルアンサー?」
と、聞かれているかのようだ

そして、その時がやってきた。
スタート地点に着くと、そのすぐそばに、知らない男の子がいた。
ウリ子が、そっちに気を取られている。

「やっ、やばい」

すぐさま、その男の子に、

赤ちゃんが気が取られるから、離れてくれる?

と言ってしまった。
ここまで言わせるものすごい何かに自分でも驚く。
が、その男の子は数秒だけ離れ、またもやそばに居座った。
心の中で、
誰かの回し者か?
とさえ思ったが仕方がない。

いよいよ行け~っ



よ~い、スタート!!

ウリ子~~っ、ウリ子~っ!!!

私の声は、願いと叫びに変わっていた。

ん?
あっ、あれっ?
ウリ子が一歩踏み出したが、座ってしまった。

ウリ子、ウリ子~~~っ

あ、あれっ?夢破れたり(^^;


。。。

ウリ子の、最終決戦が終わった。
まるで「宝くじ」の発表後のように。。。

「夢をありがとう」とさえ思った。
ん?
これって、ホークスが優勝を逃したときの「夢をありがとうセール」?
に似てる???

とはいえ、とっても楽しかった。
参加賞は、ナカバヤシのアルバムだった。
なかなかしっかりした良いものだったのでありがたい。

優勝者には、えぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと思うくらいに、すごい数の商品が貰えた。
おもちゃを3種(しかも、大きな箱入り)、お茶(ペットボトル入りでダンボール一箱)、天然水?(同じくペットボトル入りでダンボール一箱)。
そして、抽選で4人には、おもちゃが貰えるのだが、残念ながら外れてしまった。

そぉ言えば、レース後にマイクで中継をしていたお姉さんが言っていた。

「ウリ子ちゃんは、前回のレースの時より成長されたみたいですね」

確かにそうだ。
最後には、ウリ子は立ってしまったのだから。。。

でも、ウリ子、ありがとう。
ママはとても楽しかったよ。
大切なハイハイ時期に、またひとつ楽しい思い出ができたのだから。。。

決戦! - 2006.05.21 Sun

今朝から外は晴天
そして、ウリ子は朝食もそこそこにおっぱいを飲んだら即寝てしまった(←よしよし、寝不足解消!)
風邪気味だったため先日小児科へ連れて行っておいて正解だった。
薬も効いているようで呼吸もスムーズだ。
熱も出ずありがたい

さて、今日はいよいよ「ハイハイレースチャンピオン大会」だ。
決戦のときが来たのである。

がんばれ、ウリ子!

そういいつつも、一番がんばるのは、この私

朝も早くから洗濯物を干し、出かける準備に余念がない。
ウリ子は、ぐぅぐぅ寝たままだというのに、しゃかしゃか動く私。
このパワーはいったいどこから来るのだろう。

とにかく、行ってきます!
思いっきり楽しめるといいな

もしかして場慣れ? - 2006.05.20 Sat

くつろぐウリ子

今日は、CSC福岡(演劇集団キャラメルボックス福岡公演をお手伝いさせてもらっているメンバーです)のみんなが集まり、前公演の打ち上げを行った。
メンバーは県外にいるにも関わらず集まるというのが凄いところ。
遠くは現在転勤で岡山に住んでいるMちゃんまで駆けつけた。

ウリ子の居酒屋デビューは、3ヶ月の頃。
しかも、このキャラメルボックス本公演の打ち上げの時だ。
盛り上がる拍手に驚いては時々泣いていたが、多くの役者さんやスタッフにも可愛がられ、ここまで逞しくなった。
考えると、キャラメルボックスと龍馬関連の集まりや飲み会にばかり出席している。
会うたびに、ここまで大きくなったのかと成長振りが分かり、また私の親としての成長のなさに苦笑いさせられてしまう

CSC福岡&Jr.

将来は、CSC福岡Jr.として、そして福岡龍馬会を背負っていくのだろうか?

。。。

もしかすると、役者?
えっ?

。。。

本当におめでたい親である。

CSC福岡のメンバーが今後集まるのは7月の編集会議。
その頃には、ウリ子は歩いているのだろうか?
楽しみにしていようと思う。

打ち上げが終了して、みんなでお茶をした後、
今度はバスに乗って、福岡龍馬会定例会へと向かった。
まったく、なんて忙しい親子なのだろう。
勝手にウリ子も龍馬会の最小メンバーとなっているから、本人にとってはありがた迷惑というものであろう。(←ごめんよ、ウリ子

今は、ぐぅぐぅ寝ている。
当たり前だ。
普段なら寝ている時間。
明日の「ハイハイレースチャンピオン大会」に影響がなければいいが。。。(←ないない!)

久しぶりに、多くの仲間と楽しい時間を持てて楽しかった。
ウリ子も、たぶん楽しそうにしていた(←おい)
親がピカピカで元気でいる姿を子供に感じ取ってもらえると嬉しいと身勝手ながらに思っている。
果たして大きくなったウリ子は、この事実を知ったときどう感じるのだろうか?
あぁ、大きくなって聴くことが山のようにある。
う~ん、聴くことを覚えていられるかが問題。。。かな?

続・雨にも負けず(^^)/ - 2006.05.19 Fri

ミヤマキリシマも見れず、素晴らしいはずの景色もたくさんの雲で覆われていて見れず、ソフトクリームもシャッターが目の前で閉められ食べられず。。。
仕方がないので、今日は早めに宿泊先へ向かおうということになった。
が、やっぱりソフトクリームを諦めきれず、長者原にある「レストハウスやまなみ」へと行った。

美味しい!!
ソフトクリームの美味しさに嬉しくなった。
お土産屋さんのように思っていた今までの考えが一度に吹き飛ぶ。
ここはおススメだ。
この間、ウリ子は爆睡していたためソフトクリームを口にすることは出来なかった。
店内を見ていると美味しそうな「豆乳食パン」を発見
ウリ子にも食べさせたいと思い、卵の入っていないという「豆乳食パン」を購入。
そして、いよいよ温泉へ。。。

残念ながらウリ子には露天風呂はまだ早い。
夫婦交代で露天風呂に入り、ウリ子は内風呂へ入れることに。
その間に、夕食の雪見鍋を準備する。
雪見鍋。。。いやぁ、本当に簡単で美味しいから教えてもらってありがたい!
今夜もお腹いっぱい食べまくった。

と、ウリ子は早速遊び物を発見し、ベッドの照明で遊び始めた。
あなたはだ~れ?振り向けばウリ子
「かちゃん、かちゃん」と音をたて点けたり消したりを繰り返し遊んでいる。
かと思えば、ハイハイレースの練習?と思えるほどのスピードでパパとママと追いかけごっこをして遊びまくったり。。。
さすがに若い私もかなりの運動量となったようだ
雲に囲まれて
翌朝、雲間からほんの少し晴れ間が見られたが、ここは山の中。
そう、あっというまに雲が流れていく。
朝も早くから交代で露天風呂に入り、朝食を済ませた。
そして、毎回ここに来ると撮影する家族写真。
前回来た時と比較すると、ウリ子の成長がよく分かる。

そうこうしているうちに、出発時間がやってきた。
昨夜、雨でも楽しめる場所をチェックしていたため、悩むことなく車は走り出した。
といっても、正直なところ雨天決行って感じではあったが。。。

毎回必ず行く、やまなみ牧場
そう、ウリ子の就職先である。(←あくまでもハイジにしたいらしい)
お馬さん見える?ひつじの親子
ありがたいことに、傘をさすほどの雨は降っておらず、牛や馬にロバ、カモにヤギ、羊に猪、ツキノワグマと見て回った。
ツキノワグマはかなり大きくなっていた。
そして、子牛も生まれて可愛いばかりだった。
ウリ子の目にはどのように映ったのだろう。
その後、建物の中へ戻ってきた。
くふふふふっ
そう、またもやソフトクリームをいただくことに。
今度はウリ子もしっかり起きていたため、お口にあ~~ん状態で味わっていた。
口を何度も開けて催促するのを見ると、美味しかったのだろう。
美味しいわよぉあら、おいしい
さて、出発しようか。。。
と思って出口に来ると、ウリ子に写真を撮ってぇ~~っと言わんばかりに待っていたのがコレ。
私ももともとこういうのにハマって写るのが好きなせいか、ウリ子にも撮らせたくなる。
大きくなって何か言われても構わない!わははははははっ

車は一路、くじゅう高原フラワーズヴァレーへと向かった。
晴れていれば相当景色はいいはず。
雲の中にすっぽりと囲まれ、本当に着くのだろうか?と不安ながらに車は進んで行った。
ようやく目的地へ到着。
外は、思いきり雨が降っている。
お昼頃に到着したため、先に昼食を採る事に。
フラワーズヴァレーに隣接している「喫茶空」。
そこで、人気のある特製オムライスを食べた
卵が食べられるようになったらウリ子にも食べさせたい、そう思った。
昼食後、ベゴニアガーデンへと向かった。
たくさんのベゴニアに囲まれてベゴニア
南米アンデス山脈原産の「球根ベゴニア」を中心に、400種類を超える珍しい花々が咲き乱れていた。
咲き方にも色んな咲き方があり、普段目にするものとは違い、上から吊り下がったものや、カーネーションのように咲いているものもあった。
花びらひとつにしても形は違うし、微妙な色合いを醸し出していた。
話によると、一年中咲いているとのこと。
ただし、夏は暑さに弱いため、若干咲いている花の数が減るらしい。
とはいえ、雨天でも楽しめた。
ウリ子は。。。誰もいないところで花に手を伸ばし花びらをちぎっていた
気づかれていないとは思うが。。。ごめんなさいm(--)m

その後は、ガンジーファームへと向かった。
ここでは、雨が強くなったため店内を見て周り、ヨーグルトを購入。
牛の乳搾り体験等も雨のためか中止で、結局はその場を後にし出発した。
こうも天気が怪しいと行く場所にも限りが出てきてしまう。
そして、このまま帰宅するには寂しいものがあり、私の実家へ寄ることにした。

帰宅後、よ~く考えると今回は牧場をはしごした形になっていた。
天気が良ければ動物とも触れ合えただろうが、今更どうこうなるわけでもない。
とはいえ、結構楽しかった。
雨天でも楽しめる場所を探すことで、新たに発見した場所もあったし。。。
それに、緑がものすごく映えていて綺麗だった。
こうなったら、リベンジだ!(←疲れた割には懲りてない?)

雨にも負けず(^^)v - 2006.05.18 Thu

昨日から今日にかけての1泊2日で、家族3人で温泉旅行をした。
しかも、天気予報は降水確率100%だというのに。。。

雨が降る中、車は大分県の九重ICへ向かって高速道路を走った。
さすがに山に近いせいか、雲が間近を通っているのが分かる。
今から緑に囲まれた絶景を楽しもうと思っているのに、やはり天気予報は当たるのだろうか?
「たとえ晴れなくても雨だけは降らないで。。。」と、祈る思いで車は走る。
九重ICを降り、雨でも楽しめる?場所を探してひたすら車を走らせた。(←って運転は私じゃないけど

そして、町田バーネット牧場へ到着。
お昼頃到着したため、お腹はペコペコ。
雨天で外で遊べない分、美味しいものを食べようということになり、バーベキューを注文した。
ごはん、まぁ~だ?

といっても、ウリ子が食べるにはまだ早い。
そんな時のために、ベビーフードを持参している。
本当は手作りの離乳食をあげたいのだが、傷むといけないので仕方がない。
今日は、「五目炊き込みご飯」。
ビンの蓋を開けると、なかなか良い匂い。
ありがたいことに、ウリ子はパクパク食べてくれた。
私たち夫婦は、久しぶりのバーベキューにご満悦

ちなみに店内貸し切りかと思われたが、同じような家族連れが後からもう一組やってきた。
主人と同じように、平日休みなのだろう。
その後、無理かもしれないがミヤマキリシマを見に牧の戸峠へ行ったが、やはり咲いてはいなかった。
でも、「せっかく来たからソフトクリームでも食べよう」と、車を降りると、あろうことかお店のシャッターが閉まり始めた
まだお昼の3時である。

。。。つづく。。。

また明日から。。。 - 2006.05.17 Wed

長崎から帰ってきたばかりだというのに、
今度はまた阿蘇九重への温泉へ行く。
しかも、降水確率100%

ミヤマキリシマを楽しみにしていたのになぁ。
せめて曇りにならないかと、心から願うばかりである。

神様、お願いです。雨を降らせないで下さい。
 せめて、もう2日降らないで下さい。
 お願いします。。。。。


とりあえず準備は、ある程度した。
が、残りは朝が勝負だ。

こんな真夜中に、洗濯物を干してがんばる私。
なんて素敵(←おい!)

おまけに、図書館に本を返す日だというのに読んでいない本がある。
さぁ、今から読もう!

あぁ、誰か助けて~~~~っ

寝る子は育つ - 2006.05.16 Tue

今朝も元気に1今朝も元気に2

今朝も元気に7時半前に起きたウリ子。
だいたい、7時から7時半にかけて毎朝目が覚めるようだ。

旅の疲れも出たせいか、昨夜は早々に寝てしまい、
なんと11時間も寝ていた。
とはいえ、パパが出勤した後は、いつものように元気に遊び始めた。

そして、朝寝の時間。。。
やっぱり寝てしまった。
なんとお昼前まで寝ていた。
よく寝るなぁと思いつつ、昼食も済ませしばらく一緒に遊んでいた。

そして、昼寝の時間。。。
おぉ、また寝るのかと思うくらいに、ぐぅぐぅと寝てしまった。
しかも夕方まで。。。
それからまた寝そうになったので、テレビをつけていたら、やっと目が覚めたらしく、夕食を済ませた。

お風呂にも入り、風呂上りに一杯(おっぱい?)飲ませていたら、
またもやぐぅぐぅと寝てしまった。
いつもなら9時頃寝るのだが、昨夜同様8時過ぎに寝てしまった。

そして、必ず寝ていると色んなところへ転げている。
動く、動く、転がる、転がる。
面白いくらいに、そして「起きてない?」と思うくらいに動く。

そうやって、ウリ子は逞しく育っていくのだろう。
私も同じように育ったから。

今日は、母の誕生日である。
電話をすると留守だったため、携帯電話にメールを入れた。
「お母さん、お誕生日おめでとう」
そして、
「生まれてくれて、ありがとう」

ただいまぁ - 2006.05.15 Mon

今日の夕方、長崎から福岡へ戻った。

龍馬の歌音楽祭2006


実は、「龍馬の歌音楽祭2006」に参加するために
ウリ子と一緒に高速バスで長崎へ向かったのである。
初めての2人旅。
一人なら少ない荷物で済むが、さすがに今回は宿泊もするため、ものすごい荷物。
とはいえ、たくさんの人に助けられ大いに楽しむことが出来た。


。。。「龍馬の歌音楽祭2006」。。。

幕末の志士、坂本龍馬への思いをテーマにした音楽祭。
全国から応募された龍馬の歌の楽曲の中からエントリーされた応募者10組による、熱い歌声や演奏が繰り広げられた。
福岡からは北九州市と福岡市から2組が出場した。
歌が好きで作詞を通信教育で勉強しているという、今回応募者中最高齢75歳の北九州市から参加の中村龍平さん。
福岡を中心に活動している福岡市の社会人ユニット、ESTO(エスト)。

with ESTO


ウリ子と一緒に受付を手伝ったり色々としていたため、スピーカーからの鑑賞となったが、素晴らしいものだった。
(私は、福岡龍馬会の会員でもあるが、長崎龍馬会の会員でもある)
いつかまた彼等の演奏を生で聴きたいものだ。

グランプリには、「若人よ旅立ちの時がきた」というギターの弾き語りをした長崎県佐世保市の折原賢児さんが輝いた。
折原さんは、龍馬が口笛を吹きながら歩いている光景を、路上で音楽活動している自分とダブらせて作ったという。
この曲は、一気に出来上がったというから驚きだ。
歌声といい、メロディーといい、これからの時代を担う若者(←一応私も若者)にテーマソングとして聴いて欲しいと思った。

with 折原さん


音楽祭終了後、日本三大夜景のひとつである長崎の夜景を一望できる風頭にある龍馬さんの銅像の前で打ち上げ開始。
その後、二次会、三次会。。。と続くのだが、二次会終了後で引き上げることにした。
久しぶりに再会した友人たちとも、大いに話せてとても充実した時間を過ごせた。
ウリ子もみんなに可愛がられ楽しそうだった。(←だよね?)

その日は、結婚前から何かとお世話になっているSさんのお宅にお泊り。
色々とお話も出来て、これまた楽しい時間を持てた。

慎ちゃんと一緒に


翌朝、Sさんの娘さんと孫の慎ちゃんも遊びに来てくれた。
といっても、家族ぐるみでのお付き合いをしているので、みんな友人なのである。
龍馬さんがご縁で出会った、とても大切な人ばかりだ。

ウリ子にとって、今回の旅は「大冒険」だったに違いない。
私にとっても、たくさんの人に助けられ新たに感謝の気持ちでいっぱいになった楽しい旅でもあった。

またいつか、ウリ子と必然の、そして大冒険の旅をしたいと思っている。
今回お世話になった全ての方に心から感謝したい。

本当に、心からありがとうございました

忙しいウリ子 - 2006.05.12 Fri

ZZZその1ZZZその2

ウリ子本人は全く気付いていない。
寝ている時の、忙しいこと、忙しいこと。。。
それに合わせて、主人と私はベッドの隙間を見つけて移動する。
川の字になって寝ればいいのに、ウリ子だけが横向きになっていたり、
かと思うと、蹴られたり叩かれたり。。。
甥や姪も確かに寝相は良いとは言えなかったが、
。。。本当に血は争えないと思った。

今、寝る時は、ベッドの回りをふわふわしたもので取り囲んでいる。
そう、ウリ子が落ちたときのことを考えての対策だ。
基本的に、ウリ子を真ん中に寝かせるが、時々乗り越えていくという
すばらしい技を持っている。
さすがに、乗り越えて落ちたことはないが、すさまじいものがある。

朝5時過ぎから、時々遊んでいる。
「もうちょっと寝かせて~~っ」
って思うが、そうはいかない。
疲れて眠るまで遊んでいる。
その頃、私たちはムクムクと起き出すのだが、ウリ子は大の字になって
ぐぅぐぅ寝ている。(←羨ましい

私も小さい頃はそうだったのだろうか?
今度、実家へ戻ったときに聞いてみよう。
そうだったら。。。やっぱり血は争えんってことかな?

いつまでも - 2006.05.11 Thu

かわいいな(^^)

ウリ子があと1ヵ月もしないうちに1歳になる。
生まれた時からの写真を最近よく見るようになった。
いつもいつも、
「このままだと良いなぁ」
って思っていた。
が、ウリ子は間違いなく確実に大きくなっていて
「いつこんなに大きくなったんだろう」
と、思ってしまう。

毎日毎日一緒にいるのに、この変わりように気づかない。
一緒にいるから気づかないのだろう。

久しぶりに、ウリ子の手や足と自分の手と足を比較するのに
写真を撮ってみた。
やっぱり
「このままだと良いなぁ」
って思った。

お風呂に入っていても、一緒に寝んねするときも、
ウリ子の様子を見ながら、たまらなく愛おしく感じている自分がいる。
10年後のウリ子は、きっとこんな私のことを知らずに大きくなって
いるのだろう。

あぁ、何度見ても可愛い
今日も親ばかパワー全開だ

うりこひめ - 2006.05.10 Wed

ウリ子&うりこひめ


先日、図書館から
「うりこひめとあまんじゃく」(木島始・文:岩崎書店)
という本を借りた。

「おぉ~~っ、これはウリ子にぴったりの本だわ!」
そう思い、迷わず手に取った本である。

読んでみると、これまた面白い!!!!!!
一瞬、パクリ?
と思われるようなストーリーだったからだ。


●●●●●●●●●●●●

あるところに、とても仲の良いおじいさんとおばあさんが住んでいました。
毎日、おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると、川上から立派なうりがひとつ流れてきました。

包丁で切って食べようとすると、うりはひとりでに割れて、
中から可愛い女の子が生まれてきました。
その子はうりこひめという名前をつけられて可愛がられました。

●●●●●●●●●●●●


ここでお気づきであろう。
どぉ読んでも、
ももたろう
としか思えない。


●●●●●●●●●●●●

ぐんぐん大きくなって、みんなをびっくりさせる見事な布を織ることが出来る
娘になりました。

●●●●●●●●●●●●


おっ!今度は「つるのおんがえし」?
と、続くのである。
とはいえ、なかなか面白いストーリーだ。
知っているから余計にそうなのかもしれないが、
いくつかの物語をくっつけて別の物語が出来るとは
正直すごいと思った。

おまけに、うりこひめ。。。とは

また、このような本を見つけたいと思った。
それにしても、笑えた。
ウリ子に読んで聞かせたが意味は分かっていないと思う。
少し大きくなったら改めて読んであげようかな。

ごんっ - 2006.05.09 Tue

夕飯の仕度をしている途中に、ウリ子に夕方の離乳食をあげようと準備した。
夕方のメニューは、
・鶏レバーと人参のマカロニグラタン
・りんごヨーグルトきな粉

食べてくれるかな?
そう思いながら、
「ウリ子~~っ、ご飯だよぉ~~っ」
そう言って座らせ、お食事時用のスタイを取ろうとした直後

『ごんっ』

一瞬間をおいて

「うぎゃぁ~~~~~~っ」

先日、引き出物でゲットしたウリ子の木のおもちゃの角で、
思いっきり後頭部をぶつけていたのだ。
すぐ抱きかかえ、頭の後ろを触ると
みるみるうちに膨れ上がった。

どぉしよぉ~~~~っ

すぐ泣いたから大丈夫だとは思うが
なんせ生まれて初めての我が子。
そして、頭がこんなに膨れるなんて初めての出来事。
大丈夫だとは思いつつも、動揺した。

友人に電話して色々とアドバイスを受け、
しばらくウリ子の様子を見ることにした。

。。。

大丈夫みたい。
そう思っているうちに、仕事から主人が帰宅。
よけいにホッとした。
ウリ子が、パパを見て喜ぶ、喜ぶ。(←ちょっとジェラシー?)

安全対策をもっと取らねば!と、思いつつ
なかなか思うように行き届かない。
反省の毎日でもある。

ごめんね、ウリ子。。。

お天気になれば。。。 - 2006.05.08 Mon

遊びたいなぁ

今日は、朝から霧雨が続いている。
時折止んでいるが、空はずっと曇ったままで、外は肌寒い。

が!

ウリ子が、外に遊びに行きたがっているのが、
ものすごぉぉぉぉぉぉく分かった。

ちょっと玄関から出て、二階の吹き抜けのところを眺めに歩いていった。(私はマンションの2階に住んでます)
そこに、名前は知らないが、今の時期白い花を咲かせる木が植わっていて、それを観に行ったのである。

ウリ子は、遊びに行くのだと思って、超ごきげん!!
でも、肌寒いので部屋に戻ろうとすると、
まるで
嫌だ!お外で遊ぶ!!
と、言わんばかりに激しく抵抗した。

今日がお天気で暖かい日なら良いのになぁ。
そう思った。

今は、大の字になって爆睡中
「明日、天気になるといいね。」
そう、ウリ子に話しかける。

あっ!
忘れていた。
明日の午前中は3階のMさんが遊びに来て、
午後からはお出かけするんだった。
う~~ん。
散歩。。。出来るかな?
出来ると良いな

きゃあ、やめて~っ - 2006.05.07 Sun

えへへ

今日ウリ子を寝んねさせようとしていたら、自分が寝そうになってしまった。
ふと気づくと、
。。。。。ウリ子が網戸を舐めていた

ぎょえ~~~っ
やめてくれ~~~~っ


いっぺんに、目が覚めた!
すぐに、ウリ子を網戸から離し、口の中を拭きまくった。

ウリ子はニコニコしている。
私は、冷や汗ものだ

こんな日が、毎日続く。。。
今日も、明日も、あさっても。。。

楽しい、楽しい、育児。
ドキドキ、ハラハラの育児。
でも、面白いなぁ。

私の小さな先生 - 2006.05.06 Sat

2泊3日の実家へのお泊り。
あっという間だった。

そして、日常生活が戻ってきた。
が!
気持ち的にゆっくりになっていて、対応していない自分がいた。
それだけ、くつろいでいられる実家。
結婚するまでの長~~~~~~~~~~~~い間いた実家。
私もくつろいでいたせいか、ウリ子も甥っ子たちに遊んでもらい
大いに楽しかったようだ。

今朝、私の兄から電話があり、映画を観た後、我が家に遊びに来てくれることになった。
ウリ子も大喜びである。
いつも私と2人だけでは寂しいだろうなぁと改めて思わされた。

ウリ子が歩けるようになったら、、もっとお散歩も楽しくなるのかな。
そう思った。
もっとたくさんの同じ年頃の子供と遊ぶ大切さ。
ウリ子は何も言わないけど(言えないけど)、見ていて分かる。
もっとお友達と遊びたいだろうなぁ。

今日も教えられた。
我が子という先生から。。。

またもや出場! - 2006.05.05 Fri

スタート直前

ふわはははははははっ
今日は、赤ちゃん本舗鳥栖店にてハイハイレースが開催されウリ子が出場した。
福岡店では21日開催のため、ひょっとして歩けるようになってしまうかも。。。だったらその前に。。。という親バカな考えから、はるばる佐賀県鳥栖市までやってきた。
しかも、実家に延泊してだ

今回は、こどもの日ということで、参加者もものすごく多く驚いた。
ウリ子が出場したのは第6レースだ。
前回に比べると、ものすごいギャラリーの数だ。
ウリ子も心なしか緊張。。。してると思ったら、私が手に持っている
おもちゃに既に心奪われていた。
「スタート!」したとたん、ウリ子は固まるかと思ったが、
心奪われたおもちゃめがけて、ハイハイして近づいてきた。

あれよ、あれよと言う間に、ウリ子がダントツで一位になった。
やったぁ
うわははははははははっ(←どこまでもバカな親である

一位になった赤ちゃんには色んなモノを貰えるらしく、お尻拭きやお菓子、お茶などを頂いた
ありがたい
そして、一枚の紙を渡された。

赤ちゃん「ハイハイ競争」
チャンピオン大会出場ご案内

くふっ(←ん?分かる?この気持ち?)

ウリ子よりも、正直私の方が張り切っている。
なんてお馬鹿なんだろう、そう思いつつも張り切ってしまう。
21日かぁ。
また、実家にお世話になろうかな。
いい?(←って、今回は誰に言ってるのぉ)             

ホントのHoliday - 2006.05.04 Thu

公園にて

今日は親子三人で出かけた。
ゴールデンウィークに出かけるとなると、「渋滞」「人混み」が予想されたが、確かに多いのは多かった
とはいえ、ウリ子が生まれて初めてのゴールデンウィークだ。
おまけに主人が仕事がら三連休だなんて珍しいことだし、せっかくなので出かけようということになったのである。

が、いつも平日が休日になる主人も、そして私も渋滞や人混みになれていない。
土手や公園や、緑のある場所でのんびりと過ごしたい。
ウリ子にも風の音や、川の水の流れる音を感じてほしい。
たくさんの太陽が降り注ぐ中、木陰でお弁当を食べたい。
そんな思いから、原鶴温泉の近くの筑後川の土手で少しのんびりした後、お弁当を買って、涼しく過ごせる公園を目指すことにした。

といっても、そんなに都合のいい公園があるのかどうか。。。
とりあえず車を走らせたものの、進行方向はなにげに車が混んでいる。
しかたがない。
途中で陶芸祭りがあっている小石原へと向かったが、やっぱりその先も込んでいる気がしたため、左折すれば小石原というところを右折し、宝珠山へと向かった。
初めて行った宝珠山。
そして、なんと都合の良い公園を発見!!
「棚田親水公園」。
レジャーシートを持ち、お弁当を持って、いざ公園へ。
人はいるものの混んでおらず、ほどよい人がいた。
側の川には水遊びをしている子供もいた。
来年は、ウリ子も水着を着せてあんなふうに遊ばせたいと思った。

お弁当を食べながら、まわりの景色を楽しんだり、寝転がって遊んだり。。。
本当に久しぶりにのんびり出来た。

こんなにゆっくりできてとても楽しかった。
また、行けると良いなぁ。
うん、行こう

実家にて。。。 - 2006.05.03 Wed

今日は午後から実家に遊びに来ている。
お泊まりで来るのは久しぶりだ。

ウリ子がお兄ちゃんやお姉ちゃんに遊んでもらって、きゃあきゃあ言って喜びまくっている。
言っていることも何げに分かり始めたのだろう。
嫌だと首を横にぶんぶんと振る。
私も振ってみたい。(←ってダメ?)

実家だと水も美味しいし、食事も美味しいし(←自分で作らないからかな?)。。。自然がまわりに多くとても癒される。

明日は天気も良いらしいし、どこかに出かけたいと思っている。
実家って良いなぁ

それにしても、ウリ子が寝ない。
さっきまで寝ていたのに、目が覚めたらしい。
今朝も6時前から起きて遊んでいた。
頼む、そろそろ寝てくれ。
実家に帰ってきたんだから、ママにもくつろぎタイムというものを
与えてくれ~~~っ

11ヶ月 - 2006.05.03 Wed

今日でウリ子は、満11ヶ月。
あっというまだったなぁ。

昨夜主人が、ウリ子が生まれてからのビデオを編集し、DVDに
焼き付けるという作業をしていた。
今朝は見事に出来上がっており、早速出来立てのDVDを見ることに。。。

生まれてからすぐには録画していないのだが(デジカメばっかり)、
時々撮っていたせいか、ウリ子が徐々に大きくなるさまが分かる。

あんなに細かったのに。。。

と、今のウリ子と見比べてしまうことの多いこと、多いこと。
でも、可愛い(^^)/(←どこまでも親ばかだねぇ)

今は、爆睡している
寝る子は育つ
本当だった。

一ヵ月後の今日で満1歳。
早いなぁ。

某テレビ番組の「おめざ」にも登場したお店が我が家の近くにある。
昨日、卵抜きのケーキを予約した。
内容を聞くとものすごく美味しそうだ。
来年の私の誕生日にも、そこで予約したいと思っている。
いいかな?(←って、いつも誰に言ってるの?)

あ、ぶ~っ - 2006.05.02 Tue

「あ、ぶ~~~っ」

ウリ子の、マイブームである。
カメラにおさめたいが、カメラを構えると近づいてくるため
これがなかなか難しいのである。

「あ」という言葉は、きちんと発声できる。(←ふふふっ
「ぶ~~~~っ」は、唾を飛ばしかねないくらいだが、
顔の表情が面白い。
口は、『う』にならないところも笑える。
いつの日か、写真に撮ってやる~~~っと、思っているが
撮らせてくれるのだろうか?

私だったら、すぐ撮らせるのに(←おい!)

偶然の出会いから - 2006.05.01 Mon

今日は、カナちゃんが遊びに来てくれた。
前回会ったのは、ウリ子がお腹にいた頃だから
一年以上ぶりの再会である。

彼女とは、2004年5月に与那国島で出会った。
その時わたしは、独身最後の旅行で母と2人だった。
同じ飛行機で、同じ民宿で。。。
すごい偶然が重なり、今に至る。(←超説明が短い

私は、彼女が大好きである。
決して、遊びに来るときに『パウンドケーキ』や沢山の『食べ物』を
持ってきてくれるからというだけじゃない。(←怪しい
うまく説明できないが、彼女の生き方や考え方が好きなんだと思う。
一緒にいるだけで楽しいし癒される。

旅好きという共通点。
そして、たまたま行った与那国島での出会い。
偶然だが、必然だったのだろう。

また会いたいな。
また、会おうね

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

calendar&archive

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子どもたちを連れて旅に出ようと企んでいます。(*^^*)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する