topimage

2006-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋を感じて - 2006.09.30 Sat

すっきりと晴れ渡る空が広がる秋の休日。(←平日なのだがアキの休日

ウリ子を連れて家族3人で大分県の九重そして熊本県の阿蘇へと出かけた。





ここ数日、私の体調があまり良くないせいか車に酔ってしまい、長者原というところで休憩をとることにした。



車を降りると空気がひんやりしている。
太陽光を浴びると温かいのだが。。。


アキがウリ子を連れて先に遊歩道へ向かい、気分が良くなってからその後を追った。




おぉ~~~っ


景色は

お弁当を広げたグループ(老夫婦だったり、年配女性達が多かったかな?)が、かなりいた。
外で食べるお弁当は、やっぱり美味しい。

が、今回は急いでいたため、お弁当は持参していない。

少々残念だが、美味しそうに食べているおばさま達を横目で見ながら、ウリ子の手を引いて歩いていた。


長者原の遊歩道にて


ふふっ

私の心の声が聞こえたわけではないのだろうが、おばさまグループが、「可愛いねぇ。マンマがココにあるよぉ」と、ウリ子に向かって言うではないか


さすがに、「ありがとうございます。じゃぁ、1つだけ。。。」っていうわけにもいかず(^^;

少しおば様たちとお話しをして、また遊歩道を歩いた。


ウリ子は、しっかりバイバイをして歩いていく。



知らない人にもバイバイをするウリ子。

小さい頃、「ウリ坊ちゃんは、よく挨拶をするね」と褒められたことを思い出す。
両親に強制された記憶は一度もない。
自然とするようになっていたのだろう。
挨拶をするって、とても気持ちのいいものだ。

ウリ子にもママの遺伝子が伝わっているのだろうか?
だとしたら、こようえなく嬉しい




長者原を後にし、『くじゅう花公園』へと向かった。

台風の影響を少し受けているとはいえ、なかなか綺麗に咲いていた。

くじゅう花公園1

平日だというのにお客さんは多い。
観光バスも到着するくらいだった。
が、人がいなくなった頃を見計らって、パチリ

くじゅう花公園2

白いコスモスは、「ソナタ」という名前らしい。。。入り口の所に「秋のソナタ」と、まるで「冬のソナタ」を真似たかのように書かれていたのには笑ってしまった。


『くじゅう花公園』には、花だけではない。
コスモスが咲いている脇には、銀色に輝くススキが風に揺れていた。

くじゅう花公園3


ここには、が一面に広がっていた。

途中で、ウリ子は去年に引き続き寝てしまったが、たくさんのコスモスに囲まれて気持ちが良かったのだろう。(←単に眠かったのかしら?)


公園内で昼食を採り、暫く公園内でくつろいだ後、阿蘇「大観峰」へと車を走らせた。





到着して車を降りると風が冷たい。

ウリ子にフード付きの上着を着せて一番景色のいい場所へと向かう。


大観峰1


午後(夕方近く)から「大観峰」へ行ったせいか、写真に収めようにも逆光で良いショットが撮れない。

眩しい中、動き回るウリ子を捕まえてがんばってパパが撮影していた。

大観峰2

大自然の中で、嬉しそうにするウリ子。
風が冷たいせいか、ホッペと鼻の先が赤くなりつつも楽しそうだった。


夕焼けが金色に輝きはじめた頃、ゆっくりと降りてきた。

ウリ子は、太陽を指差しているのか、景色の一部を指差しているのか、まるで「少年よ、大志を抱け!」ポーズをしている。

大観峰3

大自然の中で、1日中大自然の中で楽しそうに過ごしていたウリ子。

ここから見た夕陽は、ウリ子の心の中に残ると嬉しいな。。。そう思った。



願わくば大自然の中で、ウリ子を育てられたら良いなぁと思う。
私が健康に伸び伸びと育ったのも、それに近い場所だった。
四季を肌で、そして目で感じられるそんな場所。


久し振りに、自然に包まれて楽しい1日だった。
また3人で行きたいな。


素敵な素敵な、「秋の1日」。




今回の小さな旅は、年賀状用の撮影も兼ねていた。
だから、候補に挙がっている写真はあえてUPしていない。




今回の「小さな旅」は。。。

『阿蘇くじゅう国立公園の九重町飯田高原長者原』

詳しくは
http://www.buzenkids.gr.jp/yama/amagaike/amagaike.htm#tadehara

『くじゅう花公園』

詳しくは
http://www.hanakoen.kuju.oita.jp/top.html


『大観峰』

詳しくは
http://www.lemonet.com/~lemolemo/aso/miruku/daikanbou.htm

「大観峰」へ行くなら午前中からお昼過ぎくらいまでが良いようだ。
(↑次回の教訓にしよう!)

スポンサーサイト

my car ? - 2006.09.29 Fri

おもちゃの車(?)に魅せられてしまったウリ子。

早速、同じマンションに住むお友達から借りた車にまたがり。。。



れっ?





ごぉ~~っ


。。。。。。。



ごぉ~~~~~~~~っ




ものすごく地味に乗っている。


my car?


生まれて初めて乗ったときは、ママが傍についていた。


が、今回は、両足も地面に付いていることだし大丈夫だろうと思い、1人で乗せてみることにしたのだ。




どうしたのだろう?



何を気にしているのだろう?????



無免許だから?(←んなこたぁ、ないだろう!!)







もっ、もしかして。。。



車の先に、アンパンマンがいないから?




この歳で、車の外見にこだわるとは。。。



まだまだ無免許なのに(←当たり前だ!!!)、将来乗る車を選ぶ時、けっこうこだわるタイプなのかな?




ふぅ~~っ



やっぱり血は争えない。


なぜなら、ママも憧れていた車があったからだ。

おまけに、スポーツカータイプが好きで、ウリ子がお腹にいた頃。。。そう、8ヶ月頃までその好きだったスポーツカータイプの車に乗っていたのだ。(←今は、可愛らしい軽自動車です



欲しいモノも、ウリ子なりに自己アピールして訴えてくる。

。。。ってことは、車も???



ウリ子、今のうちに、この「おもちゃの車」を検討するよ


あくまでも、「おもちゃの車」だよ(←しつこい?)




本物の車は、自分で買うんだよ。
頼んだよ!!!!!!!!!(←やっぱり、しつこい??)

おててつないで♪ - 2006.09.27 Wed

パッと見、森の中?と思うかもしれないが、実は公園の中を歩いている、ウリ子とウリ子ママ。

おててつないで1


最近は、手を繋いで歩くことが多くなった。

もちろん、何かを見つけて1人でトコトコ歩いていく時もある。


が、パパとママに両手を繋がれて、3人で歩くのが好きなようだ。

パパもママも同じく大好きで、この時間がとても嬉しい。


おててつないで2


ウリ子のお出かけセット。


それは、

・麦わら帽子
・グリッピィのポシェット
・サンダル(靴)


の3つ。


お散歩に行く時も、どこかにお出かけする時も、この3つを自分で持って来たりするくらいなのだ。




ワクワクする時の自分を思い出す。

いつだったか、楽しみにしている遠足の数日前から、リュックを出したり、てるてる坊主を作ったり、履いていく靴を決めたり。。。

きっと、ウリ子もそうなのだろう。


そして、パパとママは、ウリ子とおててを繋いで3人で歩くのを楽しみにしている。



いつかは、私達から巣立っていくウリ子。
この手から離れていくのかと想像しただけで、涙腺が緩んでしまいそうだ。


が、その日まで、しっかりウリ子の手は離さないようにしたいと思っている。




ん??






ウリ子から、

「だめだよ、そっちに行っちゃ。。。」

って、ママの手をウリ子が引っ張る日が近い???


高齢出産だったため、あっという間に私が歳を取ってしまうのかもしれない。。。

ってことは、やっぱりウリ子から手を引かれて歩くのだろうか?





うっ





ある意味、寂しいような嬉しいような、不思議な気持ちのママだった。

暑いだけのつもりが - 2006.09.26 Tue

ウリ子にセクシーという言葉は。。。正直言って全然似合わないと思っている。




なのに。。。




せくしぃ?


ウリ子の着ているこの洋服は、手作り


あっ!


決して、ママの手作りではない。



友人が「手作り」で頂いた洋服を、お下がりとしてウリ子が頂いたものである。
そのため、サイズが記されていない。

そのせいもあって、いつが着せ時なのかも全く分からなかった。



が!



なんとなく、今かな?と、感じたママ。


早速、ウリ子に着せてみた。


なかなか、どうしたことか、ピッタリなのだ



そんでもって、その日を楽しく過ごしていたにも関わらず、午後からものすごく暑くなった。

そのため、少しでもウリ子に涼しさを感じてもらおうと、胸元のボタンを少~~し多めに開けたのがこの写真である。


とはいえ、ファインダーをのぞくと、そこには赤ちゃんのウリ子ではなく、少し大人びたウリ子がいた。



ママも、かなり驚いた。



少し出した舌もおちゃめではあるが。。。



ヤンキーになったらどうしよう



あぁ、今日もものすごくオーバーで心配性のママだった。

。。。といっしょ - 2006.09.25 Mon

釘付け

ウリ子が夢中になって見ているのは

「おかあさんといっしょ」

毎朝8時半くらいになるとNHK総合テレビから教育テレビへとチャンネルをかえて、約30分くらいの間、見せている。



始まると、直立不動で一生懸命にテレビを見ているウリ子。

直立不動

「目が悪くなるよ」

と、言って後ろに下がらせても、気付くとまたもやテレビの真ん前に陣取っている。


もう誰にも止められない

こうなると、もう誰にも止められない。

ご丁寧に正座までして。。。(^^;


最近では、この30分という大切な時間を有効利用することにした。
片付け物や、洗濯物などなど、30分という限られた時間の中で、伸び伸びと出来るということは、本当にありがたい時間なのだ。


最後の歌が始まる頃には、今度は私の方が焦りだす。

ひぇ~~~っ

まだ、終わらないで~~~~っ



が、無常にもおかあさんといっしょが終わってしまう。


そうして、ウリ子は、本物のおかあさんといっしょになるのであった。

最初で最後の運動会 - 2006.09.24 Sun

朝目覚めて、カーテンを思いっきり開けると、そこには眩いばかりの澄み渡る空が広がっていた。

今日は秋晴れ。
まさに、「本日は晴天なり」といった気持ちの良い天気になった。



今日は、勇兄ちゃんの小学校初めての、そして直兄ちゃんの小学校最後の運動会があり、ウリ子と一緒に応援に行った。


ノロノロ車が走っているせいか、かなりの渋滞。
おかげで、到着した頃は、プログラムはかなり進んでいた。

ダントツ一位で走ったという、勇兄ちゃんのかけっこも見逃してしまった。

残りは、地方リレーだ。
K家(私の里。。。つまり実家)は、正直足の速いものは出ていない。

勇兄ちゃんが地方リレーの選手に選ばれるなんて。。。

これは快挙といってもいい!!!

お兄ちゃん、がんばれっつ!!


スタートが少し遅れてしまい、かけっこのようにダントツ一位にはなれなかったが、本当に一生懸命に走る姿には涙が出そうなくらい感動した。

ウリ子も、パチパチと手を叩いて応援していた。


と、ここで、あろうことか私が持って行っていたカメラのバッテリーが切れてしまった。


なんてこったい。


直兄ちゃんの勇姿を撮ろうと思っていたのに。。。




というわけで、姉が撮った写真を楽しみにしていようと思う。
(↑つまり、ココにはないってことです。はい。。。(^^;)



この運動会で初めて知ったことがある。

運動会で号令をかけるときに、「全員起立」そして、「安座」というときに、「やあ!」と掛け声を出すのは福岡だけだと。。。

本当だろうか?

物凄く知りたい。


ぜひぜひ、福岡県以外の方、教えていただきたく宜しくお願いします。

色と鮮度 - 2006.09.23 Sat

ウリ子は、いつもいつも「クマのプーさん」と一緒。

いつでもいっしょ


同じ位の大きさの「クマのプーさん」が3つ、浮き輪に乗ったプーさんが1つ、ハートを持ったプーさんが1つ、小さいプーさんが。。。
と、いうくらい、気付けば周りには「クマのプーさん」がてんこ盛り状態になっている。

生まれる前からイメージは「黄色」。。。「ひよこ」。。。生まれてからも、やっぱり「ひよこ」。


そして、「クマのプーさん」も、「ひよこ」じゃないが「黄色」。


何か、縁があるんだなぁと勝手に結び付けている。




私は、10代は「黄色」という色は、それほど好きな色ではなかった。
が、20代後半くらいからだろうか、「オレンジ色」や「黄色」が好きになっていた。

イメージでいくと、『温かい』、『太陽』、『ひまわり』、『元気』、『笑顔』。。。そういったことを思い浮かべる。

自分がそうありたいと思うからなのかは分からないが、イメージと共に好きなようだ。



ウリ子は、どちらかといえば「緑」や「青」を好むようだ。
識別しやすいからなのかもしれない。





ん?




フレッシュだから?





ってことは。。。





ママは、フレッシュさが抜けて、熟しすぎてるってこと???


いつまでもフレッシュでいたい。。。そう思うママであった

むむむっ - 2006.09.22 Fri

ウリ子の反抗期?にしては、ちょっと早過ぎるが。。。

ウリ子が突然耳に栓をするかのように、両人差し指を耳に持っていくようになった。

聞かないもん


何か話しかけても、向こうを向いて「聞かないもん」って感じ。。。


おいおい、やめてくれっ!!


いつかこんな日が来るとは思ったが、余りにも早過ぎやしないか??



こんなことやってるテレビ番組は見せてないはずなのに。。。?



ん?



私???


した覚えはないのだけれど。。。。。はて?



そっ!
そうかっ!!


耳が痒いんだ!!


って、違うよなぁ。




。。。こうやって、なんてことはない仕草に今日も「何でだろう?」と、自問自答してしまうママであった。(←あぁ、しょーもない

しゃもじ - 2006.09.21 Thu

with しゃもじ

遠赤外線効果のある『おひつ』を買ったものの、今家にあるしゃもじが『おひつ』に入らないため、小さめのしゃもじを買ってきた。

ウリ子は新しいおもちゃだと勘違いしているのか、そのしゃもじをひしっと握り締めて、嬉しそうにしている。

おまけに、マグカップをペン立てにしているのだが、その中に入っていたペン類を下にぶちまけて遊んでいる。


ふぅ~~っ


しゃもじは大きなスプーンで、マグカップは本来の使用目的を分かっているのか、何かを飲むマネをしている。


ここまでは、

「きゃぁ、可愛い

で、済むのだがココからが大変だった。




そう。


しゃもじを返してくれないのだ。


おもちゃと化した「しゃもじ」。。。


いつになったら返してくれるのだろう。。。




ウリ子、お願い。。。返してくれ~~~っ


がちゃぽん - 2006.09.20 Wed

親戚の家に遊びに行った時のことである。

「クマのプーさん」が好きなウリ子は、早速「クマのプーさん」のがちゃぽんを見つけて大はしゃぎ。

上から玉を入れて、下にあるボタンを押すと楽しい音と共に玉がコロコロと出てくる仕組みになっている。

がちゃぽん


初めは、触る程度にしか押せなかったのだが、次第に力加減とでも言うのだろうか、分かったらしく押しまくる、押しまくる!!

本当に楽しいのだろう。
押せばいくらでも玉が出てくるものだから、力一杯、押しまくるウリ子。

どうぞ


出てきた玉を、「どうぞ」という感じで渡し、上から玉を入れてもらうを繰り返していた。

ほほ~~っ

上から玉を入れてもらわないと、「玉切れ」を起こすというのを知っているのだろう。

すっごぉ~~~いっ


スピードが増すと、次から次に玉が出てくるものだから、拾うのもままならないようだ。
そのうち、ママも見かねて玉拾い。

そぉして、上から玉を入れる。

お願いだから、そんなにボタンを押さないで。。。
玉拾いも楽じゃないんだよ。

老体に鞭打って(←おいおい)玉拾いを続ける私。


でておいで



そして、ウリ子は、がちゃぽんのボタンをいつまでも押し続けていた。


やっやめてくれ~~~っ

飽きるまでやめないとなると。。。正直辛い。


ウリ子を新たなおもちゃか何かで釣らねば!!


日々新たな策を練るママであった。

ウリ子の従姉の体育祭 - 2006.09.19 Tue

今日は、ウリ子の従姉の体育祭に行った。
そう、ちぃ姉ちゃんの中学最後の体育祭だ。

秋晴れ

昨日は見られなかった「秋晴れ」
目の前には、どこまでも続く澄み渡る空が広がっていた。

ちぃ姉ちゃんが頑張る姿を写真におさめようとウリ子ママは応援席(←生徒の!)でカメラを構えていた。
すると、ウリ子がお爺ちゃんに抱っこされてやってきた。

応援団の中で


色んなものがあるためか、お姉ちゃんの応援どころではないウリ子。
さぁ、お姉ちゃんの出番がやってくるぞっ!!

応援の遠征も終わり、今度は家族の応援席に戻っての応援だ。

がんばれ~っ


お姉ちゃんと分かって応援しているかは不明だが、とにかく応援するウリ子。

きたっ!
ちぃちゃんがきたぞぉぉぉぉぉぉっ


走る!ちぃ~ちゃん

正直、ママはちぃちゃんを撮影するのに一生懸命だった。

キャノンのEOSは、すごい。
走る姿がボケずに撮れている!

そう感動するまもなく、ちぃちゃんは走り去ってしまった。


午後一番で、部活動紹介があった。
その中で目を引いたのは、吹奏楽部
つまり、私の後輩達である。

後輩達1後輩達2

私が在学中のときは、部員は30名位だったのだが、なんと今は50名だとか。
おまけにマーチングで九州大会に出るとか!!
九州で優勝すれば世界に通じるといわれるほどレベルが高い。
今後がとても楽しみである。

にしても、50人もいれば、色んな楽器があって楽しいだろうなぁ。
音の幅にも広がりがあって、違った奏で方が出来る。

中学を卒業する時に、中学一年の時の担任でもあった吹奏楽部顧問の井上先生の言葉が忘れられない。

『たとえ楽器を手にしなくとも、心で音を奏でよう』

遠い遠い昔のことなのだろうが、いまでもあの時のことが鮮明に蘇ってくる。



ちょっと話がズレてしまったが。。。

ちぃちゃんは、ソフト部だ。
中学に入ってソフト部に入部し、3年生ではキャッチャーをしていた。

部活紹介

仲間と歩いている姿を見たとき、本当に楽しかったんだろうなぁと感じた。
思わず、私の中学の時の頃を思い出してしまった。

忘れてはならないのがコレ

まぎれもなく

今は「ムカデ競争」とは言わないらしい。

が、この競争。。。私が中学の時、私がいるグループはダントツで一番速かった。
余りにも速いため、2度走り、アンカーを飾ったくらいだ。
今でも、私の母が「本当に速かった」と言うくらいなのだ。
伝説のように語り継がれている。(←本当?)(←本当だよ

ちぃ姉ちゃん達も速いらしく、2度出ると言っていた。

確かに速かった。

ふっ
でも、まだまだだわ。。。


ウリ子が中学生になる頃、青春を謳歌するのかと思うと、今から私の方がワクワクしてしまう。

あと12年も先のことなのに。。。


ちぃちゃんの体育祭が終わった。
ちぃちゃんのチームA班の優勝で!(←V4らしい

日に焼けたちぃちゃんの顔は、とてもいい顔をしていた。
おめでとう。

そして、

楽しい時間をありがとう。

台風の去った後に - 2006.09.18 Mon

台風が去った翌朝は、空が澄んでいてとても高く、眩しいくらいの光に包まれて。。。


と思っていたら、とんでもなかった。


思いっきり、どんより曇り空。
もうすぐ雨が降ってきそうな空だった。

本当にがっかりである。



台風13号が過ぎ去って。。。

「マンションの入り口のドアが粉々だよ」と聞いていたが。。。




朝、アキをお見送りに行く時に見ると。。。


分かるかな?

本当に粉々だった。
写真では分かりづらいが、左側のドアのガラスが木っ端微塵である。
その手前の自動ドアには影響がなかったが。。。(^^;
でも、マンション内の掲示板のパネルも落ちていた。
なぜだろう???


昼過ぎに少し雨があがったので、ウリ子とお散歩に行くことにした。

うんしょ、うんしょ



あっら~~~っ



道路脇に、色んなものが落ちていた。

新築中の家の一部が落ちて。。。鉄の塊みたいになってる。

その隣りの屋根の一番上の部分が、全部ない!!

おぉ!

屋根瓦が部分的に飛んでる。

公園の木は数本折れている。



夕方頃には、市の車が、

「台風通過のため、臨時にてゴミの回収を今日と明日行います。。。」

ほよよぉぉぉぉぉ。


きっと、ものすごい量のゴミが出るだろう。


テレビで見るほど酷くはないが、とにかく怖い台風だった。
停電しなかったのが本当にありがたかった。

今度は北海道へ向かっているらしい。
北海道に住む友人は大丈夫だろうか。。。


今回、亡くなった方のご冥福をお祈りすると共に、被害にあわれた方々の生活が一日も早く復興しますように。。。

疲れ知らず? - 2006.09.17 Sun

只今、台風接近中

嵐の前の静けさとでもいうのだろうか。。。


今がお買い物&お散歩に行くチャンス!!


そう思い、ウリ子と急ぎお買い物&お散歩へ



買い物も終わり、ようやく我が家へ到着という時だった。
本当に疲れを知らないウリ子。

途中何度も抱っこ攻めにあったママはヘロヘロである。

とことこ

待ってくれぇ~~~っ


すたすた

ようやく追いついたと思っても、マイペースのウリ子。
血液型はO型なのに、B型の主人に似たのだろうか?


てへっ

な~~んだ。

そぉいえば、ウリ子はマンションのドアロック?が大好きなのだ。
嬉しそうに触っている。


玄関ドアを開け、先にウリ子を家の中に入れると。。。





廊下をトコトコ歩いてリビングまで行ってしまった。

しかも、靴を履いたまま!!


ママはヘロヘロになりつつも後を追って靴を脱がせた。




その後、お茶を飲んでおやつを食べて。。。

嬉しそうに椅子に座って楽しそうだ。

そぉして。。。

普通にしていれば。。。激しい、いないいないばぁ

突然、激しいいないいないばぁを始めた!!



やっ、やめてくれ~~っと思いつつ、これが実に面白かった。



が、余りにも激しさが増すので、いいかげんにやめてくれないかと思っていた矢先だった。






立ち上がって、この 激しい、いないいないばぁ をしていたら、




椅子から真っ逆さまに落ちてしまったのだ。


床に頭から落ちたものの、間一髪で私の右手がウリ子に届き、激突は免れた。

ふぅ~~~っ



床を全面クッションにしたい。。。本当にそう思った。


それにしても、落ちても懲りないウリ子。

ママはヘロヘロなのに、何故にこんなに元気なのだ!?


相当羨ましいぞ!!!!!





お~~~っ
が降り始めた。

市の消防署のアナウンスが聞こえる。
「台風接近のため。。。」

いよいよかな?


何年前だったか、2週連続で17号と19号の台風直撃を経験している私は、ある程度の覚悟が出来ている。

そろそろ、準備をしようかな。

疲れ知らずのウリ子が手伝って。。。いや、応援してくれるのを楽しみにしていよう(^^)


踊るウリ子 - 2006.09.16 Sat

いつからだろうか。
ウリ子が教育テレビ(6ch)を観るようになったのは。。。

を唄ったり、踊ったり。。。テレビの映像もなかなか楽しい。


唄うウリ子

ウリ子も楽しそうに、唄ったり踊ったりしている。

あまりにも真剣に、そして楽しそうにしているウリ子を見て、教育テレビの凄さに驚くばかりだ。

お風呂に入った時も、教育テレビで流れていた歌を唄うと嬉しそうに身体を揺らすウリ子。


あれれっ?


いつの間にか歌を覚えてしまっている私。。。ウリ子が楽しんでいる間に色々と家事をやっているにも関わらず。。。

こんな日がやってくるとは、正直自分でも驚いている。





歌を唄うって楽しいなぁと思う。
音楽を聴くことも楽しいと思う。



もともと音楽が大好きな私。
保育所ではピアニカ、小学校では縦笛(リコーダー)、中学からはクラリネットを吹き、高校そしてその後進学し、社会人になっても楽団に入りクラリネットを吹き続けていた。

色んなジャンルの曲を聴いたし演奏してきた。



ウリ子がもう少し大きくなって、音楽に興味を持ち始めたらクラリネットを吹かせてみようかなとも思う。


当時欲しいクラリネットがあったが、自分で買える金額じゃなかった。
色々と探しまくって、身の丈にあったクラリネットを購入し大事に大事にしてきた。
だから余計に思い入れが深い。

今、実家で眠っているクラリネット。


ウリ子が笑顔で歌を唄っているそばで、吹いてみたい気もする。
が、今はウリ子の歌と踊りを満喫しよう。





それにしても、歌だけじゃなく踊りまで覚えてしまいそうな自分がいる。


あぁ、怖い怖い。


ウリ子より上手になったらどうしよう。。。やっぱり今日もおバカなママだった。

雨が降る前に - 2006.09.15 Fri

今日も元気に公園へ出かけた。。。2回も。。。(^^;



毎朝、ウリ子の朝食中にアキが出勤するため、いつもマンションのエントランスまでお見送りをしている。

が、今日はいつ雨が降ってくるか分からないため、朝食の途中だったが公園の反対側に借りている駐車場までお見送りついでに散歩することにした。


いつもなら、パパの車に乗ってどこかへ行くのだが。。。

今日は、「行ってらっしゃ~~い」と見送るだけだったため、アキの車がブ~~ンと行ってしまったのを見たウリ子は、両手をいっぱいに広げて泣き叫んでしまった。



パパ~~~っ置いて行かないで~~~っ」(←ウリ子の言葉にならない心の声)



近所のおばさんが心配してくれていたが、こればっかりは仕方がない。




急いで抱きかかえたまま公園の中へ行き、気を紛らわせる。


ラッキーなことに、散歩中の犬がウリ子の心をギュッと掴んだようだ。


ふぅ~~っ(^^;


さっきまでのことを、コロッと忘れたかのように、ニコニコ&トコトコ歩き出すウリ子。


良かったぁ




2度目は昼食後。


が降りそうで降らない。
ウリ子は、ものすごく外へ出たがるため、出るなら今のうち!

と、急ぎ準備して公園へ向かった。

お花発見!


外はどんより曇り空。
が、ウリ子は階段をどんどん上って可愛いお花が咲いている花壇へと向かった。

暫くは、じ~~っと見ていたが。。。

!!


触っているだけだろうと思っていたら、花びらをもいでいた。。。


げげげげげ~~~っ


ウリ子に、「千切っちゃダメだよ」と理由も話し、その場を後にした。


その後は、「猫じゃらし」を見つけて遊んでいた。

(^^;


今日は携帯電話でウリ子を撮っていたため、なかなか笑う姿が撮れなかった。

シャッタースピードを考えると、一眼レフが良いかも!と思いつつ、ウリ子の機敏(?)な行動についていけていない自分がちょっぴり悲しいような。。。(^^;



台風が接近しているらしい。
今夜から月曜にかけてが風雨ともにひどいのだろうか?

外に出なくても、ウリ子が喜ぶように工夫をせねば!


もしかして、体力勝負?

ウリ子に負けないように、がんばらねば!!

秋晴れ - 2006.09.14 Thu

今朝、カーテンを開けると、眩しいくらいに外は晴れていた
窓を開けると気持ちのいい風が、すうっと入ってくる。

青空が綺麗に広がって、どこかへ出かけたくなるくらいだ。


いつもならアキの仕事は休みなのだが、今日の午後から仕事で熊本へ行くことに。。。

こんなに天気が良いのは久し振りなのに、ちょっぴり。。。いや、とっても残念だ。

とはいえ、仕方がない。


どこかへ出かけるにも出かけられないため、アキはウリ子と一緒にいつもの公園へお散歩することに。

公園で


お日様が照っているせいか、日向は少し暑い。
それにも関わらず、ウリ子は楽しそうに草で遊んだり、歩くのを楽しんでいる。

トコトコ歩くさまは、本当に可愛くてたまらない。

写真を見ても、撮っているアキの愛おしくてたまらない様子が伝わってくるようだ。


ウリ子は、そんなパパとママの気持ちも知らずに、一生懸命に遊んでいる。


今度は何を見つけたのかな?

何か見つけたの?


色々と話してくれてはいるのだが。。。
翻訳機があればいいのだろうが、正直意味不明。。。

きっと、ウリ子は見たまま、感じたままを言葉にして喋っているのだろうと思う。

活字に出来ない言葉。。。言霊ともいう。
意味が分からなくても、きっとこんなことを言っているのかな?
不思議だが何となく伝わってくる。



昨夜、西郷どんが遊びに来た。

その時も、大人3人で、言霊の話をした。

言葉には、その人の想いが入るから、良いにしろ悪いにしろ、言葉がその想いを吸収して相手に伝わっていく。。。みたいな。

言葉って生きているんだなぁ。

そう改めて感じた。


秋晴れ。。。雨が続くこの頃なのに、なぜか今日は晴れていて、とても嬉しい。
晴れてるって良いなぁとつくづく感じた。
いつも、晴れていたら、晴れの良さにも気付かないのかも知れない。

だから、今日みたいな「晴れ」を大事にしたいと思った。



ウリ子は只今爆睡中

寝ていても、今日の気持ち良さは身体全部で受け止めていることだろう。

朝から - 2006.09.13 Wed

今日も朝からウリ子は元気!

朝からお出かけ?


ウリ子は最近家の中でも「グリッピー」(2005年に福岡で開催された〝アイランド花どんたく〟のキャラクター)のポシェットをたすき掛けしている。

今朝も早々に、お出かけするわけでもないのに斜めにかけて、大好きなプーさんを抱っこして、とてもご機嫌だ


好きなものに囲まれていると、とても気持ちがいいのは、子供だけではないはず。

私も、朝から好きなものを身に着けるとかすれば、気分もいつも以上にいいのだろう。


とはいえ、毎日大好きな人やモノに囲まれている私には、少し贅沢なのかもしれない。

今を感謝して、そして周りにいる人やモノを大切にしたい。。。


自分がどうありたいか、どうしていると心も身体も元気なのかウリ子も知っているように、私も実践して行きたい。



今日も、朝からウリ子から人間としてちょっぴりとはいえ大きくしてもらったような気がした。


ウリ子、大好き

毎日、毎日、ありがとう

一緒に食べると美味しいね - 2006.09.12 Tue

ウリ子は、数日前から、食事をテーブル&イスで採るようになった。


というのも、今まではトレイに乗せた食事をソファの前に置き、座って食べさせていたのだが、テーブルの傍においていたベビー用のイスの置き場をかえた途端に、ウリ子が自分で座るようになったからだ。


ひとりでのぼれたよ


食事の準備をしていたら、嬉しそうな声がして振り向くと。。。




初秋 - 2006.09.11 Mon

sora

今朝は、ちょっと涼しすぎるくらいの朝だった。
いよいよ秋???



アキがお弁当が要らない今日、少し余裕のある朝を過ごせて、心なしかいつもより時間に余裕が出来た。(わ~い、わ~い


郵便局へ9時過ぎにウリ子と出かけた。(歩いていくのは久し振り?)




今日のおかず - 2006.09.10 Sun

採れたての「ゴーヤー」をもらったので、早速〝ゴーヤーチャンプルー〟を作ることに。


がっ。。。


気が付くと、これもまたウリ子のおもちゃになっていた。


ウリ子とゴーヤー1

ウリ子が楽しそうに持っている「ゴーヤー」
歩き出すようになってから、「ゴーヤー」を発見すると、ものすごく欲しがるようになった。


何でかな?



きっと、握りやすいのかな?
おまけに、ウリ子の好きな色の一つだし。。。

ウリ子とゴーヤー2



暫く遊んだら、おかずにしよう!





初めて「ゴーヤー」を食べた時のことは忘れられない。


もう、苦いったらありゃしない!
何で、こんなに苦いのを食べられるんだろう?

と、美味しそうに食べている人を見ては信じられない気持ちだった。



それから数年経った、ある日のことだった。

苦くないゴーヤー料理だから」と言われ、
半信半疑で食べてみることに。


すると、ほんのちょっぴり苦味があったものの、美味しかったのだ。


コレならイケる!!




それ以来、多少苦かろうが、パクパク食べることが出来るようになった。



ゴーヤーチャンプルー以外では、母がよく作ってくれるゴーヤーの佃煮が大好きな私。

ご飯のおともにピッタリ


ウリ子も、今は食べるには苦すぎると思うが、大きくなって大好きな食材の一つになってくれたら嬉しいなぁと思う。



それにしても、ウリ子が「ゴーヤー」と遊び終わった後。。。


「ゴーヤー」の凸凹したところが、落ちていた。。。

もいだのだろうか?


おかずにするのになぁ。



まぁ、いっかぁ。


今年最後の。。。 - 2006.09.09 Sat

今年最後のプール

今度の日曜日が納会で、そんでもって、残りの3日間のうち天気予報で晴れるのは今日だけ!

おまけに、今日は夏が戻ってきたかのように暑い。



そういうわけで、じぃ~じにお願いしてプールへ連れて行ってもらうことにした。

いとこの娘の4歳になるmayuちゃんも誘って



わ~い、わ~い。

プールだ、プールだ







がっ!




カタカタとガラガラ - 2006.09.08 Fri

新しい遊び方?

昨夜のことである。

ウリ子が、カタカタを押しながら、畳の敷物へと突入した。
そして、遊び方が。。。


フッと見ると、ガラガラをカタカタの間に並べて遊んでいるのだ。


たまたまだろうが、色よく並んでいる。


すごいやん!


勝手に親ばかして、ふと気付いた。




昨夜のバーベキュー - 2006.09.07 Thu

昨日の夕方近く、主人の会社の同僚とのバーベキューに家族3人で出かけた



今回は、お手伝い。。。というよりも、私はウリ子と他の子供達と準備が終わるまで一緒に遊ぶことに。

ウリ子は、殆ど人見知りをしない
そして、子供が大好きだ。
早速お姉ちゃんにくっついて一緒に遊びたがるウリ子


お姉ちゃんと1お姉ちゃんと2

お姉ちゃん達も(といっても、一人しか写ってないが)、一番小さなウリ子を可愛がってくれる。


あぁ、ありがたい。



ブランコにも初挑戦。。。といっても、これまた、ウリ子1人で乗せるわけには行かず、私の膝に抱っこした状態で乗った。


おぉ、懐かしい感触。


私もブランコに乗るのは何年ぶりだろう。



その後、地面にお絵描きしたり、色々と遊んでいるうちに。。。



だんご? - 2006.09.06 Wed

ウリ子のマイブームがやってきた。


気付くと、夢中でやってる。。。


これが、それ



マイブーム1


くしに大きな髪用のゴムを突き刺して、お団子のようにして遊ぶのである。


ある程度刺さったら、パクつき始めた。


マイブーム2


と、思ったら、近づいてきて。。。。

ものすごくピンボケ。。。


くしを、串のように使うなんて。。。

大したキャラに育ったものだ。



今夜はバーベキュー
ウリ子の大好きな納豆持参で行ってきます

ばんざ~い? - 2006.09.05 Tue

ばんざ~い

ウリ子は、パパと遊ぶのが大好きらしい。

ママだと限界があることも、スムーズにやってもらえるし、よくお散歩に連れて行ってもらえるから。。。かな?




仕事で疲れていても、ウリ子の顔を見るととても嬉しそうにするアキ。

たまには、

私の顔を見て同じような顔をして欲しい

と思うこともある。

が、やっぱり子供には勝てないのかな?




西郷どん - 2006.09.04 Mon

with 西郷どん

先日、西郷どんせごどんが我が家に遊びに来てくれた。

えっ?

ち、違う?

そうそう、プーさん

あっ、でも、今回は甚平着てるから、西郷どんで行こう!(←おい)




西郷どんが部屋に入ってきた時、ウリ子はかなりビビッていた。
いつもは、ぷーさんなのに。。。

着ぐるみが違うと、ウリ子も分からなかったのだろう。(←おいおい)


暫くして、ウリ子も思い出したのだろう。
じわじわと近づいて、抱っこされていた。



今回は、「お煎餅」(←揚げ煎餅?見れば誰でも分かるよ!)を持って来てくれ、美味しく頂いた。
ウリ子だけではなく、私達夫婦も、その懐かしい「お煎餅」に舌鼓を打った。

今度、お店にお買い物に行く時に、探してしまいそうだ。(←相当気に入ったらしい




西郷どんは、最近引越しした。
今まで住んでいた部屋よりも広いらしい。
主人は遊びに行ったことがある。
しかも、男3人集まって。。。



ん?



きっと、その部屋は、男ゆんたく部屋と化すだろう。


あぁ、恐ろしい。。。



アキが、不良化してしまう。。。きゃぁ~~~っ





さてさて、今度、西郷どんはどんな着ぐるみで遊びに来てくれるのだろう?
今から、心待ちにしている。


きゃははははっ




1歳3ヵ月 - 2006.09.03 Sun

今日で、1歳3ヵ月になったウリ子。
1年前は、こんなウリ子の姿さえ想像できなかった私。

1歳3ヶ月になったよ


食後にスタイをつけたまま、突然お出かけする時の帽子を被って歩き始めた。
きっと、パパがどこかに連れて行ってくれるだろうと思ったからだろうか。。。



暫くして、今度は子分の浮き輪と戯れ始めた。

泳ぐ練習?

まるで部屋の中を泳いでる?というか、歩いてるのかな?

きっと、本格的にプールデビューで楽しかったことが蘇ったのだろう。
今月10日がプールの納会だから、それまではプールで遊ぶチャンスがある。
我が家の近くにはそういった施設がないため、安心していけるプールが一番。。。ということで、またもや実家へ行こうかな?と計画中だ。


夕方、ウリ子はパパとマンションの斜め前にある公園へお散歩に行った。
靴を履いてなかなか歩かなかったウリ子。


がっ!!


1歳3ヵ月にして、ようやく靴を履いて外をトコトコ歩き始めたのだ。
家の中と図書館やデパートといったフロアでなら、裸足で歩き回っていたのだが、草の上や路上だと嫌がるばかりだったウリ子。

たまたま、近所の子供達が遊びに来ていた公園に、たまたま行ったのが良かったのだろう。

えっ?

と思う暇もなく、トコトコ。。。


こんなにスムーズに歩くのなら、もっと早く靴を履かせて歩く練習をさせておけば良かったと思いつつ、一緒に遊んでくれた女の子に感謝感謝だった。

きっかけは、子供。


そういえば、本格的にプールデビューした時にも、小学3年と5年の女の子に遊んでもらって、プールで楽しく過ごせた。
 詳しくはhttp://uribou216.blog50.fc2.com/blog-entry-177.html

やっぱり、子供の力って大人にはない凄いパワーがあるんだと思った。
私自身そうありたいが、気付いたら大人になってしまっていて、今更無理。。。

我が子からだけではなく、他の子供達からも学ぶことが多い今日この頃だ。


あと1ヶ月後には、また成長しているのだろう。


ママになって1歳と3ヵ月。

まだまだ、新米ママである。
ウリ子と一緒に成長するように神様が計画されているんだなぁと有り難くママとしてがんばろうと思う。(←それ以外でもがんばれよ!

初登場のいとこ達 - 2006.09.02 Sat

隠していたわけじゃないが、ウリ子には「いとこ」があと2人いる。
いつも登場している4人のいとこは、車で40~50分で行ける場所に住んでいるが、あと2人のいとこは。。。
長崎県の五島に住んでいるのだ。

今回、久し振りに福岡へ戻ってきたので、家族3人で会いに行った。
2人のいとこは、2人ともウリ子より年上である。

お兄ちゃんは勇兄ちゃんと同い年(小学1年)の礼くん。
お姉ちゃんは、4歳になる結衣ちゃん。

ウリ子が小さいためか、ウリ子が2人にちょっかい出しても怒らない。
さすがに、年上だけある
とはいえ、遊んで欲しくてたまらないのだろうと思うが、あまりにも小さいため、どう遊んであげて良いのかわからないのもあるのだろう。

まぁ、年に数回しか会わないのもあるからなのかな?

初登場1


初登場2

にしても、3人一緒にいる様子を写真に収めるのが大変である。
それぞれが、それなりに小さいため、じっとしていないからだ

ウリ子も、数年経つと、こんな風になるのかな?と思いながら、2人を見ていた。
主人の妹の子供達。。。
彼女曰く、

「あっという間ですよ!」


げげげっ


そういえば、先日遊びに行った親戚の家でも言われた。

3歳までのうちに、一生分の親孝行をしてもらったと思うよ

そうなのかな?

数年先を行く2人。
ウリ子も、そのうち上手に遊べると良いな。
そう思った。

夏の終わりに。。。 - 2006.09.01 Fri

私が小学生の頃からずっと花火大会には行っていた。

亡くなった祖母の家で「味ご飯」(かしわご飯)を食べて会場へ歩いていくのが慣わしだった。
中学生、高校生、専門学校生、そして社会人になっても、行ける時は行っていた。
もちろん、祖母の家経由で。。。


今年は、本格的に花火大会へ行くのは初めてだ。
つまり、間近で花火を見るのも。。。

ウリ子にとっては、これまた初体験となる。



先月末に帰国した従姉妹家族が、お弁当持参で会場で場所を確保してくれ、後から従姉妹達と合流することに。。。

日が落ちてかなり暗くなりつつも、川の対岸に出ているお店の灯りが反射してくれたおかげで、お弁当を食べることが出来た。


ウリ子は、まだまだ普通の硬さは難しいので、ウリ子用にお弁当を持参して行った。

納豆ご飯食す

そう、納豆ご飯である。
大好きとはいえ、毎日あげてもいいのだろうか?とも思ったが、一日に3度あげても大丈夫らしい。

今日も元気良く食べてくれた。

ばぶぅ

ママは嬉しいよ!


お腹も満たされた頃、花火が上がり始めた。


ウリ子は、いきなり響いた音にかなりビビッていた。
が、泣くことはなかった。


夜空に輝く花火を見て、嬉しそうにしていた。



宇宙人みたいな花火

むむむっ

まるで、火星人?。。。なんか宇宙人の頭みたい。。。


最近の花火には色んな形や色があるが、この前見たときよりも色んな種類があったように思う。



次から次にあがる花火。。。
ウリ子の顔を見ると、赤や黄に青といろんな色に染まっている。
そして、ウリ子の瞳は、キラキラと光り輝く花火が映っていた。




クライマックスの写真。。。

た~まや~っ

一気に花火が花開いたせいか、真っ白け?


だが、心に「バンバンバン。。。」と響いてきた花火の音が身体の中をすっきりさせてくれた。
なぜか気持ちが良かった。


来年はまた行けるかな?



夏の終わりに、懐かしい思い出が蘇り、そして新しい思い出の1ページができた

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

calendar&archive

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子供を連れて旅に出ようと企んでいます。(^^)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。