topimage

2006-11

率先して - 2006.11.30 Thu

ウリ子、ありがとう。。。!!!

進んでお手伝い

ゴミの回収日に、パパとママがゴミを集めていたら。。。

ウリ子が率先してその集めたゴミを持って外へ行こうとしていた。

お~~~い。
そのままじゃ、出せないんだよぉ。

そんでもって、そのポリ容器。。。捨てないでよぉ~~っ


何をするにしても、大人を見てるんだ!っていうのが分かって、ウリ子の観察力のすごさに驚く私。(←ほとんどがそうなんだろうけど。。。)


でも、両手にこんなに持ってリビングから廊下へ歩いていくウリ子を見て、とても微笑ましく、そして頼もしく思った。

率先してやってくれるなんて。。。ありがたい、ありがたい。。。


ウリ子を見ていると何をするにも楽しそうにしている。

私もそうありたいなぁと思った。

ウリ子、気付かせてくれて本当にありがとう

池山水源~菊池渓谷 - 2006.11.29 Wed

’06秋・温泉旅行その3


今日は、少し曇っているが、なかなか空気も良くいい感じ♪

いざ、池山水源へ車を走らせた


かなり、空気が澄んでいるせいか余計に寒く感じられた。


が!


綺麗な水を飲んで潤うつもりで来たから。。。まずは飲んじゃおう

美味しい?

くぴくぴくぴ。。。ぷはぁ~~~っ

おいし~~~っ

池山水源

こんなに綺麗な水。。。

心にも、そして身体にも美味しい水が染み渡って、とっても良い感じ

持ってきたポリ容器にお水をいっぱい汲んで。。。そして、ウリ子の好きな「しいたけ」を買って今度は菊池渓谷へ。。。


と、。。。すると、ウリ子が

またもや


知らない方に「ばいばい」をしていた。


!!!


またもや、ウリ子はすごい才能を発揮したものだと思った。


なぜなら、「ちょっと待ってね」と、そのおばあちゃんは言って、
あめ玉をウリ子に下さったのだ。

物を頂くから凄いというわけじゃなく、周りの人を笑顔に変えるウリ子の才能といったら、本当に頭が下がるくらいだ。


とても和やかな空気に包まれながら、車を走らせた。


ふふっ

今度も、とっても水が綺麗なところ。

菊池渓谷

透き通るような碧い色の水が目に飛び込んでくる。

ものすごい勢いで流れて行く水。。。

水がどれだけ綺麗なのか、身体全部で受け止めていた。



今日は水と縁があるのかな?
とっても綺麗な水に潤わせてもらい続けているような気がする。

渓谷ともみじ

まさに、紅葉シーズンって感じで、振り返ると絵葉書のような光景が広がっていた。(晴れていたら、もっとすごいんだろうなぁ)


帰り道の紅葉も綺麗だった。

パパと一緒に

手を伸ばすと届きそうなもみじ。

その下で、ウリ子とパパが楽しそうにおしゃべり(?)していた。


また、来年も来れるといいなぁ。

そう思いながら、車はお土産屋さん(?)経由で我が家へと向かった。


アキ。。。今回も、車の運転ありがとう。
風邪を引き始めているのに頑張って運転してくれたもんね。

そして、後ろでウリ子と2人爆睡してごめんね
アキの運転だから安心してるっていうことで。。。許してね。


こうして、’06秋・温泉旅行は終了した。

あぁ、楽しかったぁ


。。。おわり。。。

同じ場所で - 2006.11.27 Mon

’06秋・温泉旅行その3


今朝、いつもよりも早く目が覚めた

そう、温泉温泉

とはいえ、外は寒い。
ウリ子が風邪を引くといけないので、防寒対策をとってみた。

防寒完璧

冷たい風でもどんと来い

早速、親子3人で7時から入浴可能な内風呂(家族風呂)へと向かった。

行きは良い良い帰りは。。。ぽっかぽか

身も心も温まって、さぁ朝食だ


 。。。。。


そろそろ出発しようかな。。。その前に、恒例の記念撮影
今回は1階の部屋だったとはいえ、ほぼ同じ場所での撮影である。

別荘にて

ふふふっ

今回は完璧に撮れたぞ!!!!!


といっても、実はこの写真が撮れるまで何度もチャレンジしていた。

ストロボをたくとピカッと光る。
それが気に入っているようで、光った直後に微笑むことが分かった。
そこで、リモコンを使ってようやく撮れたのがこの写真。
しかも連写しようやく成功したのだ。

でかしたぞぉ、アキ


だがよく見ると、ウリ子はいいとして、その後ろに写っているパパとママの表情が。。。
そうとう笑顔を保っていたんだなぁというのが、ものすごく伝わってきて笑えてしまう

そこまでして、記念写真を撮りたいと思うパパとママの気持ちをウリ子は知らないだろう。


さぁ、出発だ!

今度は、車を「池山水源」に向けて出発した


。。。つづく。。。

長者原~星生温泉 - 2006.11.26 Sun

’06秋・温泉旅行その2


九重『夢』大吊橋を後にして、「長者原」へと向かった。

ここは、今日宿泊予定の星生温泉のすぐそばに位置しており、四季の自然を堪能できる。
  ※詳しくはhttp://www.yamanami-rest.com/nature.html


九重『夢』大吊橋からは車で15分くらいで到着。
そして、長者原の交差点のそばにある「レストハウスやまなみ」のカフェで休憩することにした。


ここのカフェは、本当におススメだ。

なぜなら、このカフェの「ソフトクリーム」が超ウマイのである。
はっきり言って、そんじょそこらの「ソフトクリーム」とは格が違うと言っても過言じゃない。

そうそう、「九重湧水コーヒー」もおススメ。
もし、機会があれば、あえて行ってみて欲しい。
私は、ここの回し者ではないが、ソーセージや大根葉のふりかけ、ケチャップ、お漬物も大好きである。(←お土産にも

カフェで休憩している間に、陽はどんどん傾いて行くせいか、少しずつ暗くなってきた。
やはり、『山』なんだと改めて感じた。

長者原にて

ウリ子を草むらに座らせてしばらく遊んだ。
久し振りに、草むらに座るせいか、とても楽しそうだった。

自然が大好きで、日曜日の朝NHKで放送される「日本百景」を楽しみにしているウリ子。
本物の大自然の中で、本当に気持ちよさそうで、こっちまで嬉しくなる。


しばらくここで遊んだ後、いよいよ星生温泉へと向かった。


チェックインをし、部屋へ入り、一息することに。。。

そして、食事の前に、ウリ子と一緒に露天風呂に行った。
たまたま、本当に偶然に、私の母方の兄妹9人も来ていた。
おかげで、露天風呂では、ばぁば達と一緒に入ることが出来て、嬉しくて。。。そして楽しかった。

。。。なぜ、ばぁば達が偶然一緒だったのか。。。
それは、実はここ(星生倶楽部)は別荘(キッチン、バス、トイレ付きの2LDKのアパートみたいな建物)で、チケット制で格安に利用できるのである。(親戚が会員です)
そんでもって、たまたま計画した日が同じだったというわけなのだ。
ちなみに前回ここに来た時の様子がこちら
http://uribou216.blog50.fc2.com/blog-entry-96.html
この時からすると、ウリ子も大きくなったなぁ。


さてさて、今夜の夕飯は、「雪見鍋」
そぉいえば、前回ここに来た時も同じだったような。。。
まぁ、「雪見鍋」は久し振りだからよしとしよう
わいわいと、家族3人で鍋を囲んで楽しい時間は過ぎて行った。


疲れて早々に寝てしまったウリ子
ママはまたもや温泉に行ってのんびりして過ごしたり。。。
アキは星が好きなので、星空の撮影に出かけたりしていた。

夜空

ここは街中とは違い、灯りが殆ど無い。
おかげで、夜空がとても綺麗に見える。
空気も澄んでいて気温も低いせいか、星がとても大きく輝いていた。


こうやって今日が終わろうとしていた。。。

が。。。

ウリ子が撮影が終わって帰宅したアキに気付き、しばらくの間(深夜2時頃まで?)遊んでいた。。。らしい。。。
ママは眠くてヘロヘロで。。。

どうか明日も楽しい一日になりますように。
そう祈りながら、自分の意識が遠くなるのを感じていたママだった。


。。。つづく。。。

九重『夢』大吊橋 - 2006.11.25 Sat

’06秋・温泉旅行その1


朝から晴天成り

1泊2日で、久し振りに九重の星生温泉へと出かけた。


回を重ねると、行く場所も決まってしまいそうだが、今回は新しく行く場所が出来た。


それは。。。


九重『夢』大吊橋


である。


10月30日に開通したばかりのこの吊り橋。

九重〝夢”大吊橋は長さ390m、高さ173m、幅1.5mの日本一の人道大吊橋である。
「日本の滝百選」に選ばれた〝震動の滝〟をはじめ、〝九酔渓〟、〝鳴子川渓谷〟の雄大な景色が満喫できる。


紅葉シーズンだし、かなり人が多いだろうなぁとは思ったものの、まさかこんなに多いとは思いもしなかった。


平日だというのに。。。
果たして、無事に渡れるのだろうか。。。(←ちょぴり心配

現地に到着したのがお昼の12時前。

「さあ、やっと橋を渡れるぞぉ!」

そう思ったものの、橋のそばの駐車場へ向かおうとすると、恐ろしいプレートが目に入った。




「3時間待ち」





警備のおじさんの指示により、臨時駐車場へと向かうハメに。。。
そこから無料シャトルバスを利用して、ようやく吊橋の所までとたどり着いた。

そこからがまた長かった。


並び始めてどれくらい経ったのだろう。

さすがにお腹も空いてきて、どこかに何か売っていないだろうか。。。と、だんな様にはそのまま並んでもらい、ウリ子を抱きかかえて食べ物を求めて歩いた。

お土産を売っている店を発見し、そこで鶏飯のおにぎりを手に入れた

何とか、お腹も満たされ、もう少しだと頑張って並んでいた。
ウリ子も一緒だし、案外楽しくこの待ち時間は流れて行ったように思う。
ありがとう。ウリ子

そぉして、並び始めて1時間経過した頃に、ようやく入り口へとたどり着いた。(ほっ

1時間待ったぞぉ

が、なかなか橋までたどり着かない。

風が出てきて、人もピークらしく、進むにもなかなかこれが遅いのだ。


ようやく、はじめの一歩を踏み出した。

ほぉ~~~っ

揺れてる。。。(^^;


まるで、酔っ払いみたいに揺れながら歩く私達親子。

揺れてるよぉ

ウリ子をひしっと抱きかかえて、がんばって歩いた。
揺れるには揺れるのだが、「怖い」というような恐怖心は不思議と湧かなかった。
何故だろう?
怖がっている場合じゃなかったのか???(←へ~~んなのぉ)


それにしても、景色は素晴らしい。

紅葉してます

紅葉しているのがパノラマ状態で目の前に広がり、それはそれは見事なのだ。


高~~~~い

下を覗き込むように見ると、やっぱりこの橋は高かった。。。(^^;

そういえば、この橋は、真ん中が網目になって下が見えるようになっている。
が、あまりにも網目が細かいせいか本当に恐怖心は湧かない。

ありがたい、ありがたい。。。

揺れても仁王立ちで

ほんの少し人が減ったせいか、ゆっくりと歩けるようになった。
それでも、揺れるので、ウリ子はパパにひしっと抱きついていた。


どのくらいの時間をかけて渡ったのかは覚えていないが、渡りきったところから振り返ると。。。

振り返れば

ものすごい人が動いているのが見えた。

「立ち止まらないで動いてください」というアナウンスが流れているのを思い出した。

まるで、上野動物園にパンダがやってきた時と同じ状態?みたいで笑ってしまった。(←初めて私が上野動物園に行ったときは、パンダの前でへばりついてず~~~っと見てました。)



それにしても、すごいなぁ。。。


吊り橋みたいな雲

しばらくして、また折り返しで橋を渡り始めた。


空を見上げると、まるで吊り橋?と思えるくらいのダイナミックな雲がそこにあった。

本当に吊り橋のように力強く。。。そして、美しかった。


見事な眺め

陽が差すと、景色がまた違って見える。
紅く色づいた木々の葉が遠くに見えた。


人が少し減った時、ウリ子を歩かせてみた。
全く怖がらず、揺れながらも一生懸命に歩いていた。
行き交う人から、「あらっ、あんなに小さいのに一生懸命歩いてる」と、驚かれた。
おまけに、「可愛い」とまで。。。
同じように歩いているのに、私は「当たり前」なのだと思うと、ちょっぴり寂しい気もした。(←おいおい)
でも、本当によく歩いたなぁと親ながら感心してしまった。


ようやく、橋を折り返して渡りきった。
ウリ子も、本当によくがんばって歩いたなぁと思う。
途中で、網目から下を覗き込んだときは、下を指を差して何かを言っていたくらいで、本当に大物になるんじゃないかと驚いたくらいだ。


さっきまで歩いていた橋を改めて振り返って見てみた。

どっひゃ~~っ

どっひゃ~~~っ

物凄い人である。

おまけに、時計は午後2時半を過ぎていた。


橋を渡るだけなのに、こんなに時間を費やすなんて思いもしなかった。


生還記念?

とはいえ、無事に橋も渡り、生還できた。
くふふっ

そうそう、この橋を渡るのに時間を要したがとても楽しく過ごせた。

少しの時間だったが、色んな人との出逢いがあり感謝感謝
一期一会。。。お互いの思い出の1ページに少しだけ登場できたかな?

それにしても。。。

ウリ子って本当に凄い。
なぜなら、色んな人に手を振って仲良くなり、マロングラッセをもらったり、あめ玉をもらったり。。。

はっきり言ってママには出来ない。
この年でウリ子と同じようなことをしても、「この人、大丈夫?」で終わってしまいそうだから。。。(爆)


この後、いつも行く「やまなみ牧場」そして、「長者原」を経由して、星生温泉へと向かう。


。。。つづく。。。

ばいばい - 2006.11.24 Fri

昨日、嬉しいことがあった。

それは、



ウリ子が、「ばいばい」と言えるようになったのだ。



突然だった。

ものすごく、びっくりしたが、とても嬉しくて。。。


時々だが、立派な「はい」も言える。

特に〝おっぱい〟が欲しい時に私が「ネンネしてください」と言うと、

「はい!」


と、言って、その場にコロン

本当に素晴らしい返事だ。


最近、色んな人から「ウリ子ちゃん、お喋りが上手になったね」と言われる。

確かに、言われてみれば、よく喋るようになった。


となると。。。言葉がはっきり言えるようになる頃、とんでもないお喋りになるのだろうか?


ひょえ~~~~っ

帰宅後 - 2006.11.23 Thu

1泊2日の温泉旅行から無事に帰宅。

とっても楽しい2日間だった

とはいえ、私のだんな様。。。

帰宅途中で「寒気がする」と震えだし。。。

それでも、頑張って車を運転して帰ってきてくれた。

私とウリ子は、後部座席で爆睡していたにも関わらず(^^;

本当にありがとう



さてさて、旅行中の出来事。。。

画像処理が出来次第、UPしたいと思っている。

案外、私自身楽しみだったりもする。

ふふふっ

だんな様が、私とウリ子の風邪菌をもらってダウンしているというのに。。。

彼が落ち着いたら、画像処理に取り掛かる予定。

ついでに、年賀ハガキの作成にも取り掛からねば!!

星生温泉 - 2006.11.22 Wed

実は、昨日から、くじゅうへ1泊2日の家族旅行へ。

そぉいえば、毎年この時期に来ている星生温泉


星が生まれる温泉。。。ものすごく素敵な名前の温泉で、夜空が本当に綺麗に見えるのだ。


ウリ子がお腹にいる頃に来た時は、つわりでヘロヘロの中、気合を入れて夜空を見に外へ出た。

ウリ子が生まれてから5ヶ月くらいの頃に来た時は、さすがにウリ子を連れて行くには寒すぎて、主人が1人夜空を見に外へ出た。

さぁ、今年は。。。


まだ、帰宅していないため、後のお楽しみということで。。。


楽しい時間を過ごして無事に帰宅できれば、本当にありがたいなぁと思っている。

み~つけた♪ - 2006.11.21 Tue

み~つけた

ママ発見!


ウリ子と同じ目線になるように、テーブルを挟んでウリ子がいる反対側からカメラを構えていた。

嬉しそうに、こちらを覗くウリ子

そんな表情を見て、

「やっぱり可愛いよね、ウリ子。。。くふふっ

と、親ばか全開の私。


しばらくすると。。。


おっ!


てへへへへ

ウリ子もママのところへ、じわりじわりと近づいて来る。


だから何なの?


と、言われそうだが、これが、たまらなく嬉しいのである。


ほんとに、誰かこの「バカ」を止めて!って感じで、どうしようもない。


こんなに娘が可愛いなんて。。。そして、自分自身こんな感情でいっぱいになるなんて思いもしなかった。


ウリ子がお嫁に行くなんて言ったら、

「じゃあ、ママも一緒に行く」

という勢いがあるから、怖い気もする。


本当に子離れというものが出来るのか、将来不安になってしまう。



と、言いつつ、今から考えても仕方がないから、この気持ちを大切にしようと思う。

。。。と思ったら - 2006.11.20 Mon

ウリ子の風邪も、随分症状がおさまり、かなり元気になってきた。
私が最初、そしてウリ子。
昨夜は、だんな様にも移ってしまったようで。。。

でも、ママとウリ子が復活したからよしとしよう。。。


そんなウリ子が、お手伝いをしてくれていた。

お手伝い?

まぁ、出来上がったものだったが、ウリ子が混ぜてくれているので、もっと美味しくなるだろうと微笑ましく見ていた。

他にもおかずを作っていた私は、時々ウリ子の様子を横目で見ながら、どんどん準備をしていた。


。。。。。。


それにしても、混ぜる時間が長い。




何してるんだろう???









(^^;

食べとるんかい!



思わず突っ込んでしまった私。



ウリ子はお昼寝後だったため、前髪も上に跳ね上がり、この画像を見ると、いなかっぺに見える。。。


妙におかしく思えた。



ウリ子、ごめん。。。


ぷぷぷぷぷっ



それにしても、良く食べていた。


「春菊としらたきの和え物」なのに。。。



苦味成分を感じないように、砂糖を入れてみたのだが、それが良かったのかな?



とにかく、夕飯時、この和え物を力一杯食べていた。


きっと、風邪も逃げていくかな?


と、勝手に思っている私。



でも、お手伝いしたり、いたずらしたり。。。

そんなウリ子を見ると、元気になってくれて良かったなぁと思う。



あとは、だんな様だけ。。。かしら?(笑)

くしゅん - 2006.11.18 Sat

どぉも風邪を引いたみたいです。

15日の夜、薄着をして外食へと出かけたのが不味かったかなぁと反省しているのですが

はっきり言ってやばいです。

というのも、ウリ子も「くしゅん」って。。。

みなさん、気をつけましょうね。

では、今日はこのへんで。。。

秋のデザートまつり - 2006.11.16 Thu

意味が分かっていたら凄いが、ウリ子は、新聞やチラシを見るのが大好きだ。(たぶん

今夜もさっそく、あるチラシを見つけて、じっと見つめていた。

どれにしようかな?



「秋のデザートまつり」



家の近くにあるケーキ屋さんの、美味しそうな季節限定のケーキ類が並んだ写真満載のチラシ。

ウリ子は、どれにしようかと本当に悩んでいるように、食い入るように見ている。

吟味中。。。

コレもおいしそうだし、アレもおいしそうだし。。。

量的にもあまり食べられないというのに、真剣に見ているウリ子がなんとも可愛くて仕方がない。

そして。。。



これに決めたわ♪

「ママ、コレに決めたわ」


と、言わんばかりの表情でこっちに視線を向けた。




数年後、意味が分かってこのチラシを見るような気がした。

「ママ、これと、これとぉ。。。」

ウリ子が大きくなったら、ウリ子と一緒にパパに向かってチラシを指差しながら、おねだりしたいなぁと思っている。


そういうわけだから。。。アキ、宜しくね

お散歩♪ - 2006.11.15 Wed

ウリ子との久し振りの「長めのお散歩タイム」♪

いざ出発だぁ!

ウリ子は、「長めのお散歩タイム」に気付いているのか、とても嬉しそうだ


お茶の入ったポーチを持ち、足取りがものすごく軽いウリ子

お散歩♪

車が来ないか周りを確認しながら、1人で歩かせ。。。

そして、角を曲がると、公園が見えた。

緩やかだが坂道になっているせいか、ウリ子のスピードが微妙な速さに。。。(^^;


公園の階段を上り到着

ボールでしばらく遊んだ後、ママと同じように座りたいとアピールするウリ子を座らせて、ちょっぴりお茶タイム

公園で一休み


今日は、他にちびっ子が公園に遊びに来ていなかったので、しばらくママと2人で遊んだ後、公園を後にした。


よぉ~し、今度は。。。と、別の道を通って、車の走る少し大きな通りまで歩いて行った。


銀杏の葉が少し黄色く色づいてきたのを見たり、保育園で遊んでいる園児を羨ましそうに見たりして(本当は中で遊ばせたかったけど、開放されていなくて。。。ごめんね、ウリ子。。。)、我が家へと帰って来た。

駐車場にて

道で見つけた「ねこじゃらし」を持ち帰ったウリ子は、駐車場で遊び始めた。

あれ?また行くの?


行ったり来たりを繰り返しながら、追いかけごっこをしたり、ママもちょっぴりヘロヘロに。



外で遊ぶ楽しさを知ったウリ子は、なかなか家の中へ入ろうとはしない。

分かってはいるが、ママもヘロヘロなんだよぉ。

オートロックを解除して先に中に入り、隠れてウリ子の様子を見ていたが、遊びに夢中のウリ子はなかなか気付いてくれない。

ようやく気付いたウリ子は、キョロキョロと辺りを探し始めた。

「ママ~~~ッ」

半分泣きそうになりながら立つウリ子を見て、さすがに私もじっとしていられなくなった。

「ウリ子~~~っ」

ウリ子が私に飛び込んできた。

あぁ、幸せ



そうして、ウリ子の「長めのお散歩タイム♪」は終了。

今日は、かなり意地悪をしてしまったと反省するママだった。

最後はヘロヘロだったとはいえ、本当にごめんね、ウリ子。。。


育児は体力勝負って本当だなぁって感じたお散歩タイムだった。

何でもズボン? - 2006.11.14 Tue

夕方洗濯物を取り入れて、衣服類をたたみはじめると、どこからともなくやってくるウリ子。

そして、必ずパパのパンツを盗み出す。

何で????

理由は分からないが。。。どぉも好きらしい。


そして、早速リビングに行き、パパのパンツをはき始めた。

パパのパンツ♪

理由は分からないが、とにかく嬉しそうにしているウリ子。

きっと、パパの真似をしているのかな?とは思うのだが、お風呂上りにパパがパンツをはく姿をいつも見ているわけでもない。(←帰宅時間が遅いため)

でも、真似っこしてるんだろう。


今度は、何だろう。。。


今度はTシャツ

おっ、ウリ子のTシャツだっ

でも、今度も。。。はこうとしている。


ウリ子~~~っ

無理だよぉ~~~っ



そう言いつつ、今のうちに他の洗濯物をたたんでしまわねば!!

そうしないと、別の洗濯物がウリ子の遊びモノになってしまう。



数分後、パパのパンツは、ウリ子の布巾になって、そして床拭きに利用されていた。

アキには内緒にしておこう。

綺麗にたたんでタンスにしまっておこう。


アキ、ごめんね。
きっとこのブログを見たら。。。。すでにパンツをはいた後だと思うけど。。。
誤っておくわね

なんとも、ひどいアキの奥様だった。。。わははははははっ(←おい)

でかっ - 2006.11.12 Sun

歩いて10分かからない所に、「ほうさく屋」という八百屋さんがある。
はっきり言って、ものすごく安いっ!!!!!!!!!!!!!!

店先には、旬のものが色とりどりに並べてあり、ついつい余計に買ってしまう。
なかなか、消費者の心をくすぐるのが上手だと見た。(←その手に完全にハメラレテイル私

今日も、ウリ子の朝食用にと1房¥100のバナナを買いに出かけた。



がっ!!!




本当に、バナナだけを買うつもりだった。




なのに、なのに、なのにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。。。。




私の心を捉えて離さないモノが。。。!!!





そろそろ寒くなってきたからだろう。
こんな破格の値段で売っているなんて。。。



それが、コレである


どっちが大きいかな?


お店でかごの中に入れたとき、すかさずウリ子は持ちたがった。
しかし、余りにも大きくて、長くて、重い大根



これが、一本¥58とは驚きだ。



ものすごぉぉぉぉく大きな大根。。。ウリ子がこんなに小さく見えるとは


これから、の季節
ウリ子と、そしてアキと一緒に、美味しそうなこの大きな大根を食べるのが楽しみだ。

1人遊び♪ - 2006.11.11 Sat

ウリ子は、1人遊びがとても上手だと言われる。
あまり気にしていなかったが、確かに1人でもくもくと遊んでいることがよくある。
1人で遊んでいる時は、そっと見守ろうとしているのだが、これがまた見ているだけで面白い。

先日、ディズニーランドのお土産にもらった「クマのプーさんの指人形セット」。
その箱を、ばりばりばり~~っと、勢いよく壊して。。。いっ、いや、広げながら開けていた。

ばりばり~~っ

プーさんの指人形は、ぽ~い、ぽ~い。。。

ウリ子は、箱を壊す。。。いっ、いや、広げるのに夢中だった。


次は何だろう。。。?


がさごそ

かごの中から、何かを探しているらしい。。。


!!


どうやら発見したらしい。

誰に電話してるのかな?

私が以前使っていた携帯電話。
目覚まし時計代わりに取っておいたのだが、捨てなくて良かったと思っている。


本当は、まだまだこれから先が続くのだが、このままウリ子を追跡していると、少しは片付けないと部屋の中が。。。。。。状態になってしまう。
そういうわけで、今日の追跡は終了。

子どもは、色んなものをおもちゃに変える魔法を持っている。
私にも、そんな柔軟な発想を持ちたいなぁと常々思っているが。。。


よぉ~し、ライバルはウリ子だ!!


こうやって、また、勝てもしない相手に対抗しようとするママだった。

くっつき虫 - 2006.11.10 Fri

ウリ子は、子どもが大好きだ
といっても、もちろん大人から見た子どもである。


先日、長崎に嫁いだ友人が、久し振りに里帰りしたため、我が家に遊びに来てくれた。

彼女の子どもはmakoちゃん、3歳。
makoちゃんが生まれた時、そしてウリ子が生まれる前までは、小さくて可愛いなぁと思っていた。

ところが、ウリ子が生まれてから、makoちゃんが大きく見える見える!!

まぁ、当たり前なのだろうが、ウリ子が小さく見えて仕方がなかった。

ウリ子は、大好きなお姉ちゃんが遊んでくれるのを、そして、makoちゃんも同じく一緒に遊べるのを、とても楽しみにしていた。

ケーキ屋さんへ寄ったときは、車を降りるとすぐさま2人して手を繋いで歩き出し、店内をウロウロ。。。(^^;
本当の姉妹のように仲良く歩いていた。

今度は、我が家に来てからが。。。すごかった。
色んなおもちゃを引っ張り出してきては、遊びまくって。。。

本当に楽しそうだった。

どちらかが立つと、くっついて行く始末。

お姉ちゃんといっしょ

本当に離れたくなかったのだろう。。。(^^;



うっ、羨ましい。。。


ウリ子たちは、たくさん遊んで、遊んで、遊びまくって。。。
そして、いよいよお別れのときが来た。

駅まで車で送って行ったのだが、泣くかなぁ?と思っていたら、2人とも遊び疲れたせいか、車の中で爆睡
結局、2人とも寝たままお別れとなった。

くっつき虫をしていたウリ子。
また、思いっきり一緒に遊べると良いね

揺れ動くママ - 2006.11.09 Thu

どうしたの?
そんなに真剣な顔をして。。。

見つめまくる?

ウリ子が見ていたものは。。。そう、ズバリテレビ。

どんなにママが「ウリ子~~っ」と、呼ぶ声にハートマークを付けても、こちらを見ようとしない。

わざとなのだろうか?

そうだったら悲しいな。。。しゅん


ウリ子がこの世に生を受けて、1年5ヶ月。
その間に、色んなことを経験して、学んで。。。大きくなってきた。

が、こんなふうにこっちを見なくなるのも成長の過程なのだろうが、ものすごく寂しい。。。と思ってしまうのは何故だろう。


どうしてもママじゃないとダメという時も多々ある。
それなのに。。。

嬉しかったり、寂しかったり。。。一喜一憂しながら過ごすママ。


ウリ子はこんなママの気持ちなんて知らないんだろうなぁ。


日々、ママの心は揺れ動いている。

ウリ子が気付いてくれるのは。。。ウリ子がママになった時なのだろうか?
って、つまり、私がおばあちゃんになった頃?



とはいえ、私を必要としてくれて「ママ~~っ」と両手を広げて飛び込んできてくれるウリ子をぎゅうぅぅぅって抱きしめている時が、一番幸せで。。。

私の心の中は揺れ動きながらも、この「ぎゅうぅぅぅタイム」を幸せだなぁってかみしめて過ごしている毎日である。

ずんずんずん - 2006.11.08 Wed

まだ半袖で頑張れるかな?という、秋の休日(主人の休日なので平日ですが。。。)。

福岡市にある大濠公園へ遊びに出かけた。
大濠公園は、真ん中に池があり、その池の真ん中に横断できる大きな橋が架かっている。
とてもとても大きな池で、鯉(とにかく大きい)や、亀、カモが泳いでて、都会のオアシスという感じ。
池の周りでは、たくさんの人がランニングをしたり、楽器を演奏したりと、自由気ままに過ごせる。(ちなみに、池の周りは約2キロある。)

あっちへ行きこっちへ行きと、ウリ子も一生懸命に歩く。
そして、ママも歩く。

お手てつないで

ウリ子には魅力的なものがたくさんあるらしく、きょろきょろしていた。

何を見てるの?

ん?


どうやら、何かを発見したらしい。。。


ずんずん2

ずんずんとひたすらに歩くウリ子。


ウリ子は、一生懸命に『獲物』に向かって突き進んでいく。

おっ。
すべり台?

どしんどしん?

むむむっ。
すべり台を逆走しようと思ってるのだろうか?


いっ、いや。
どぉも違うらしい。。。

ずんずん

何処まで行くのだろう?


はて。。。?

そして、向かった先は

パパとブランコ

ブランコだった。
1人で乗るには、以前保育園に遊びに行った時にあった「まわしのようなブランコ」がないと無理なため、パパと一緒に乗ることに。

が、一つあけた隣りのブランコには、幼稚園の園児かな?と思われる女の子が遊んでいた。
そのお姉ちゃん達が気になるのか、ずっと見つめていた。

やっぱり一緒に遊びたいのだろう。
ウリ子は、お友達と遊ぶのが大好きだから。



ウリ子が初めて履いた靴がある。
その靴は、私の母がウリ子の誕生日にプレゼントしてくれたのだが、ものすごく履きまくったせいか、かなりボロボロになった。

一生懸命に、ひたすら歩くウリ子を見ていると、約半年前までは靴を履いて歩けなかったのに、すごい成長だと驚くばかりである。

これからも、ずんずんと歩くであろうウリ子をずっと見守っていきたいと思った。

忙しくても(^^; - 2006.11.07 Tue

11月に入って忙しい毎日が過ぎている。

先月末から、主婦として、そしてママとして、やるべきことも並行しながら、東京の劇団の福岡公演のお手伝いをしていた。
仕込み(セット&その他の準備等)から始まり、本公演(2~5日)、そしてバラシ(後片付け&セットのバラシ等)が、1週間のあいだに行われた。
この後、神戸公演、東京公演と12月25日の大千秋楽まで続く。

もし、このお芝居を今後観る方がいるとネタバレになるため、お芝居の内容は伏せておこうと思う。

それにしても、このお芝居。。。ものすごく感動した。
生の迫力といい、勢い、笑って、泣いて。。。元気エネルギーの一つになるくらいに素晴らしいお芝居だった。

もし、観てみたい!と、思われた方。。。一足早いクリスマスを体感して欲しいと思う。

詳しくは。。。http://www.caramelbox.net/2006radio_special/index.html

みき丸


このブタちゃん(みき丸という)は、この劇団(キャラメルボックス)の公演の時、必ずロビーに立っている。
そのお芝居に合わせて、衣装までも変わる。

公演中、一度お客さんとして観劇したため、終演後パチリと撮ってもらった。
ウリ子も、お芝居を分かる年齢になったら、一緒に観劇したいなぁと思っている。



そして、公演が終了した6日、7日と、我が家にはお客さんが絶えない。

人が集まってくれる我が家。。。忙しいとはいえ、本当にありがたいし、嬉しい。

ウリ子も、ひとまわり、ふたまわり。。。大きくなったかな?なんて思ったりする。


忙しい中にも、充実して、楽しい時間が持てたことを心から感謝している。

公演に際し、家族の協力は不可欠だった。
本当に、恵まれていることにありがたく思う。

アキ。。。本当にありがとう。

来年も、2公演あるから、よろしくね

おしゃべり - 2006.11.02 Thu

ウリ子は、最近プーさんと何やら話しをしているらしい。。。

今日は、ペンを持って何を話しているのやら。。。

プーさんといっしょ



おやつを食べる時、プーさんにも分けてあげているのだろう。
時々、お菓子のかけらがくっついている。

ママにも「あ~~ん」と言って、おやつを口に入れてくれる時があるが、仲良しのプーさんにも同じようにしているんだろうなぁと思う。


あるときは、携帯電話の充電コードを、携帯電話代わりにして、なにやらしゃべっている。

これは、ほぼ毎日のことである。(^^;

本当に誰かと喋っているかのように、相槌を打つくらいだから驚きだ。



ウリ子の観察力には、本当に驚かされてしまう。

いったい、いつ、どこで、そんなことを見て覚えたのだろう。。。

気をつけておかないと真似される危険性が。。。
もっと、品良く大人しくしていようかな?
ん?
手遅れ??


動物が好きなウリ子は、テレビに動物が登場すると、とて嬉しそうにする。

時々、話しかけているから、これまたびっくり。。。



本当にお喋りが上手になったウリ子。

「ママ」って、いつのまにか上手に言えるようになっていた。


ウリ子と私の間で、会話が成り立つようになるのはいつのことなのかしら?

いまから、とても楽しみである。

お~い♪ - 2006.11.01 Wed

「まま~~~っ


ん?



振り返ると、ウリ子が。。。




どきっ




ままぁ~~っ

こんな格好でこっちを見ていた。。。


最近、お風呂上りにオムツをつけた後、よく逃げ出すようになったウリ子。

何をするのかと思えば。。。大笑いしてしまった。




あまりにも可愛かったので、


「ウリ子、もう一回


と、リクエストをしてみた。


すると。。。



もう一回ね


応えてくれた\(^O^)/


「もう一回」の意味まで分かるのだろうか?


とにかく、ものすごく嬉しかった。


今度は、どんな面白いことをしてくれるのかな?
とっても楽しみである。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

calendar&archive

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子供を連れて旅に出ようと企んでいます。(^^)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する