topimage

2007-03

3分クッキング? - 2007.03.31 Sat

今日のメニューは。。。


????????


と、とりあえず先に進んでみましょう。。。

ウリ子の3分クッキングその1

重ならないように、フライパンに並べて。。。

ウリ子の3分クッキングその2

で、蓋をします。

ウリ子の3分クッキングその3

パコンッ(←蓋を閉める音)

ウリ子の3分クッキングその4

蒸しあがったようですね。。。って、何が?(←聞かないで

ウリ子の3分クッキングその5

味見をしてみましょう。。。


そうやって味見をしている間に、無くなってしまいました


。。。いったい、何の料理だったんだろう????????

バナナの日 - 2007.03.30 Fri

ウリ子には数日おきに『マイブーム』がやってくる。

バナナ  いちご  りんご。。。が繰り返されている感じだけど。。。(^^;


ぱくつくウリ子

そして今日はバナナの日らしい。

前までは、皮をむいたままでパクつくことは出来なかったウリ子。

友人の子供が「皮をむいたまま食べるよ」と言っていたので、きっとウリ子も出来るだろうと思ってあげると。。。


おえっ(←ウリ子)


えっ(←私)


なんと、ウリ子の口には大きすぎたのだ。(ウリ子の口が小さすぎたのかな?)


そんなに品の良い子だったなんて。。。

そんなに、おちょぼ口だったなんて。。。



知らなかった私


でも、それから数ヶ月がたった今、ウリ子は口いっぱいにバナナをほおばり、お猿さんのように嬉しそうに食べる


美味しいよぉ

「ママ、美味しいよ


バナナにしても、いちご、そしてリンゴ。。。どれもこれも、ウリ子が美味しそうに食べているのを見ると、こっちまでニコニコになってしまうし、ついついウリ子に対して甘くなってしまう私。

甘やかすのと甘えさせるのと。。。境界線が微妙になってきて、「どうしましょう」みたいになるときもあるけど、やっぱりウリ子の笑顔を見ると。。。


あぁ、いけない、いけない。

またもや、ウリ子の魔法にまんまとかけられてしまいそうだ。


こうやって、なんだかんだと、毎日毎日 ウリ子の魔法 にかけられてるんだろうなぁ。


でも、これが案外幸せだったりする私である。

七変化 - 2007.03.26 Mon

ウリ子と一緒に遊びたくて、色々とリクエストしてみた。


「ウリ子!ひひひ~んって笑って!!」


すると。。。

にゃはは

笑いすぎ?というくらいに、笑ってくれる。



そして、しばらく、色々とお喋り?していたら。。。



あぁ??

驚いたように、

「あぁ??」

と、一言。



それにしても、ウリ子の顔。。。同じ服を着ているのに、全くの別人のように違うから不思議だ。


顔の大きさまで違うような。。。って言ったら怒られるかな?



ウリ子の色んな表情を見て、素直に育っているなぁって感じる。


「卒乳」したものの、未だに「ぱいぱい」と言って泣くこともあるが、その気持ちを真っ直ぐに受け止めてあげたいと思っている。

過度に甘やかせるのではなく、甘えていいときは思いっきり甘えさせる。

そして、ウリ子が喋れなくてもウリ子の気持ちを解ってあげて、私も精一杯応えたいと思う。


私のリクエストを理解してくれるウリ子。

私の言っていることもそうだが、思いも感じ取ってくれているのだろう。


ウリ子の表情から、ウリ子の思いをいち早く感じ取れるようがんばらねば!と、思っている。

卒乳 - 2007.03.22 Thu

とうとうこの日がやってきた。


そう、ウリ子の『卒乳』の日だ。


『卒乳』の日を決めてから、私自身色んなことを思い出していた。

生まれて直ぐに、ウリ子はおっぱいが欲しくて自分の指をちゅぱちゅぱ吸っていたこと。

おっぱいを飲んでいる時の表情、寝顔。。。色んなことが頭の中を駆け巡った。

本当は、もっとあげたかったなぁっていうのが私の気持ちである。

正直なところ、未だに自分の気持ちが追いついていないせいか、ちょっぴり、いや、かなりブルーになっている。

しばらくしてから、今この時のことを笑って思い出せるのだろうか?
それくらいに、寂しくて、悲しくて、涙が止まらない。



『卒乳』の日の21日、アキと私、そしてウリ子の3人で、海の中道海浜公園へ遊びに行った。

今日はとても良い天気で、遊ぶには絶好の日和だ。

ウリ子は久し振りの広い場所で遊べると思ったのか、とっても嬉しそうだった。

げんきいっぱい


ここは、とても広い。
自転車を借りて回るくらいに。。。ちょっとした動物園みたいなのもある。

この公園でのことは後日UPする予定として。。。



この公園で、今日一日遊びまくって、ウリ子を疲れさせて。。。という計画だった。

そう、この日の夜からおっぱいとさよならなのだ。


公園で遊んだ後、車に乗り帰ることに。。。


そして、車に乗ると、ウリ子は眠いせいかチャイルドシートには乗らずに、私のところへ抱っこしてと言わんばかりにしがみついてきた。

ここで、おっぱいをあげるのが最後になるんだろうなぁと思った。


ウリ子には、前々から、

「もうすぐ、おっぱいとはバイバイだよ。バイバイ出来る?」

と、聞いていた。


直ぐに、「うん」、「は~い」という返事が戻ってきていて、
この時も「うん」と言っていた。


さいごのおっぱい


最後のおっぱいをあげているとき、涙が溢れて仕方がなかった。

ウリ子は、どんな気持ちで飲んでいたのかな?


数分後、スヤスヤとウリ子は寝てしまった。

でも、口は動いている。。。いつものことだとはいえ、今日は口を離さないで欲しいなぁなんて思ったり。。。


あぁ、情けない。

子離れできるのだろうか。。。今から心配している私である。



しばらくすると、都市高速にのり、窓の外を見ると夕陽がとても綺麗に見えた。

周りの景色がスローモーションのように感じてくる。


このときを忘れないだろうなぁなんて思いながら、見ていた。



そして、帰宅後、ウリ子をお風呂に入れ、たくさんご飯を食べさせて、眠くなるまで遊ばせることに。

眠くてどうしようもなくなって、ウリ子をベッドに連れて行った。

案の定、「ぱいぱい」と言って、おっぱいを欲しがった。

でも、ここであげる訳には行かず、ぐずるウリ子に、泣きながら話しをし続けた。


「おっぱいとは、もうバイバイなんだよ」と。

その時の、ウリ子の目と表情が忘れられない。


そして、ウリ子は、私の目から溢れ出す涙を拭ってくれたのだ。



ウリ子は案外ケロッとしているのかもしれない。

眠い時は、「ぱいぱい」と言って欲しがるのかもしれない。
(今日のお昼がそうだったから。。。)



でも、この時の事は一生忘れられない気がする。



『卒乳』。。。こうしてウリ子と、そして私は、また一歩前へ踏み出した。

そ~っとね - 2007.03.19 Mon

またもや静かにしているなぁ。。。と思ったら。

そ~っとね


ウリ子が、キティちゃんの人形を、自分の椅子に一生懸命に並べている。

真剣そのもの

その顔は、真剣そのもの。

私も、声をかけずにそっと見守ることにした。


で、出来上がったのは。。。

オブジェ?

イスをよぉ~~く見ると。。


キティちゃんの人形だけじゃなく、バナナのシールと、いちごのシールが上手に並べて貼られていて。。。



そう。
そこには、





新種のオブジェが出来ていたのである!!





そして、またまた。。。

職人ウリ子

職人ウリ子は、「仕事人」としての作業を続けるのであった。。。



そのうち、家の中が、人形ならまだしも、シールがいたるところにペタペタと貼られてしまいそうな。。。そんな気がしてくる。


きゃ~~~~っ

おにぎり - 2007.03.17 Sat

この頃、毎朝、ウリ子用に小さいおにぎりを作っている。

ご飯の中に、ウリ子の好きな昆布の佃煮を入れて、海苔を巻いて。。。出来上がり

出来上がったおにぎりを渡すと、

「うわぁ~~っ

といって、目をキラキラ輝かせて喜んでくれる。

そして、大きな口をあ~~~んと開けて、パクパク


しばらくすると、椅子から下を指差して何かを言っているようだ。

とりあえず、食べかけのおにぎりをもたせたまま、椅子からおろした。


すると、何冊か重ねておいた本の中から、ある一冊を取り出して、ページをめくり始めたウリ子。


そして。。。

いっしょだ

「いっしょだよ」

と、言うように、ニコニコしながら指を差した。


それは、「おにぎり」という本のおにぎりが出来上がったページだった。


それが、とても嬉しくて嬉しくて。。。ただ嬉しくて。。。


とても小さなことだけど、幸せだなぁって感じた。

ウリ子、ありがとう

世話好きウリ子 - 2007.03.15 Thu

相棒のプーさんと一緒に夕方近くお出かけしていたウリ子。

いいこでちゅね~っ

いつもならママと手を繋いで上る階段も、後ろにプーさんをおんぶ?しているせいか、お姉さんなんだと思ってかどうかは知らないが、がんばって上っていた。

ひと休み

が、やっぱり休憩???


くつろげるなぁ

この場所は、同じマンションに住む子供たちもよく遊んでいる場所のためか、ウリ子も一緒に座っていることが多い。

思いっきりくつろいでいたものの。。。


「先生、そろそろ。。。」


えっ?

と、聞こえたかどうかは分からないが、部屋へ向かうことに。。。



あっ。忘れていた。
このときは、ウリ子はパパと一緒にお出かけした帰りだ。

あははははっ(^^;


さささささ~~っ

この頃、階段を上るスピードも速くなったせいか、動きの素早いウリ子をカメラにおさめるのも大変だったようだ。

どきどき

ん???



直ぐに部屋に入ってくるのかと思いきや、ドアの横で何してるんだろう?



プーさんと秘密の会話をしながら何かを企ててるのかな?

。。。な~んて、親とは勝手なもので、色んなことを想像してしまう。




このあと、またまた元気よく


「まま~~~っ

と叫びながら家に入ってきたのだが、

フードに入ったプーさん、そしてウリ子の誇らしげな顔を見て、逞しさを感じた。


きっと、「プーさんを一生懸命に背負ってきたよ」って、言いたかったのかな?

時々、プーさんにオムツをしてあげようとしたり、ご飯やおやつを食べさせようとしたり。。。見ているとかなり世話好きみたいだ。

それに、ウリ子が私の手を引っ張って、連れて行こうとする力強さも驚くほど強くなってきた。



ウリ子、ママがヨボヨボになったら。。。頼むよ。(←おいおい)

ディナー - 2007.03.13 Tue

なにやらキッチンでウリ子が夕飯の仕度をしているみたいだ。

何を作ってるのだろう。。。と、覗いてみた。

今夜のメニューは


ほりょっ??





それは。。。


じゃ~~ん


おにぎり

たまごやき

プチトマト

だった。



先日までは、お手玉だったのだが。。。


ウリ子も腕を上げおったな。。。ほほほほほっ




ママも腕を上げないと追い越されてしまいそうだ。

そんなことを言っていたら、きっと

「時間の問題だよ」と、誰かに言われそうだから黙っていようっと

ひよ子ランド - 2007.03.11 Sun

天気がイマイチだったこの日は、ウリ子はパパと一緒に「ひよ子ランド」デビューを果たした。

あっ。
「ひよ子ランド」とは、お菓子の「ひよ子」で有名な会社(本社)にあるテーマパーク?みたいな所だ。

晴れていれば外でう~~~んと遊べたのだろうが。。。

で、まずはすべり台。。。

まずはすべり台

ぴゅ~~ん。ぴゅ~~~ん。ぴゅ~~ん。



ふふふっ

すべり台には慣れているウリ子。
お手のものだ。

次は。。。

今度はコレだ

フラフープ?

だが、ウリ子にはそんな技術はまだない。。。(^^;
でも、器用に持って遊んでいるからすごい。

で。。。

くじらのお腹の中みたい

むむむっ

ウリ子の目の前に立ちはだかるのは

くじらのお腹の中

のような(ってほどでもないけど。。。)ニョキニョキした棒たち。

どうやって潜り抜けるのか。。。




にゃはははは

え~~い、横を通っちゃえ~~~っ


とばかりに、すり抜けて行った(^^;



「ウリ子先生、一言お願いします。」

せっかく遊びに来たから、挨拶でもと。。。

うんしょ

うんしょ、うんしょ。。。。なかなか上れずにいたウリ子。


だが、ようやく登りつめた。


ふぅ

。。。って、もう休憩かい????


え~~っと

「え~~~~っ」。。。なんか長くなりそう???


お話も早々に終わり(←怪しい)、そろそろ帰宅せねば。。。


と、外へ出たが。。。


気になるなぁ

「晴れていたら、ココでも遊べたのになぁ。」(←ウリ子の心の声)

相棒のプーさんと一緒に砂場を見つめていたウリ子。




!!




何かを感じたのだろうか??

でも急がねば!!

「急いで帰らないと、ママが泣いている!」(←たぶん、ウリ子の心の声)

と、スタスタスタと、ウリ子は帰っていった。



。。。のだろうと、思っていたら。。。




なんと、他の子がウリ子とパパに向かって部屋の中から「ばいばい、ばいば~~~~~~~い」と、言われ続けていたとか。

それで、ウリ子は帰ろうとしていたが、入り口に向かってスタスタスタと歩いていき、みんなに「ばいばい」をしていたそうだ。


ウリ子って。。。人気者????






そして、「ひよ子ランド」を後にして数十分後、ピンポ~~ンが鳴り、ウリ子の元気な声が玄関から聞こえてきた。



途中一度だけウリ子の様子を電話で聞いてみたが、とても楽しそうに遊んでいたらしい。

帰宅したウリ子の顔はとても満足した素敵な顔をしていた。
本当に楽しかったのだろう。

「今度は、ママとも一緒に行こうね。」って言うと、



「うん♪」と元気なウリ子の返事。



その「うん♪」が、とても心地よかった。

オペラ歌手? - 2007.03.08 Thu

本日は、「ソプラノ歌手ウリ子」のリサイタルにようこそ

まず、初めの曲は。。。

なななの歌

リサイタル

ちょっと緊張気味かしら?


熱唱中

おぉ、いいぞぉ~


ノリノリ

かなり、ノリノリの歌手ウリ子


はい、みなさんもご一緒に~

みなさんもご一緒に

かなり余裕をみせるウリ子姫!!

最後は、振り付き?

ぎゅっと

はい!ぎゅ~~~っ


終了

。。。と、


本日のリサイタルは終了いたしました。



。。。あぁ、面白かった(^^)

つくし - 2007.03.06 Tue

3月1日に、「明日へとつづく。。。」としておきながら、うっかりはちべえ(←知ってる?よね?)になってしまった私

続きなのだが、日田から実家へ戻って「つくし採り」に出かけた。

歩いて直ぐの土手や田んぼのところまで、ウリ子の従姉のちぃちゃんと一緒に。。。


春だねぇ

菜の花にはハチがとまってお食事中だったが、その様子を見ると、本当に春だなぁって思う。

昨日と今日の寒さにはまいるけれど。。。(^^;


出かけたのが夕方だったため、早く見つけて採らねば!と、気持ちが急いでいたせいか、つくしはココだよ!と教えてくれた。←ホント??

つくし採りの巨匠である私の動きは速かった。

つくし採りの巨匠?

一本見つけては、次々と見つけていく。
小さい頃から身についているせいか、それはそれは恐ろしいくらいに速い。

うわははははははっ(←自慢

っと、ウリ子の存在を忘れるところだった。
夢中になるといけないと思いつつ、次の捕獲地へ(←ちょいとオーバーかしらん?)

つくししか見えない。。。

生まれて初めての「つくし採り」に、ウリ子はきょとんとしていた。

とにかく、ちぃちゃんやママがある植物を次から次に摘んでいるのを見て、それ(つくし)を摘めばいいのだろうと思ったのか、ウリ子は見つけてはがんばって摘んでいた。


初めてのつくし

摘んでは袋に入れるウリ子。

気に入った?

〝自給自足もいいものよ〟とママの心の声が届いたのか、本当に一生懸命になって摘んでくれた。

途中で、ウリ子の従兄の直兄ちゃんと勇兄ちゃんも合流。
みんな、夢中になって「つくし採り」をしていた。

本当に血は争えない。。。みんな私に似ているのだ

そうそう、アキは一生懸命つくしがある場所を探してくれたり、写真を撮ってくれていた。


さてさて、次の日、ボウルに水を張ってその中に入れていたつくしを調理しようと下ごしらえをした。

そう、〝はかま取り〟が待っていた。

つくしを摘むのは簡単なのだが、このはかまが厄介である

が、一生懸命に取っていたら、ウリ子も手伝ってくれた(←別のボウルに入れたはかまを取ったつくしを上からぎゅうぎゅう押していたり、千切ってたのが本当だけど

そして、夕飯のおかずの一品として、『つくしの卵とじ』が完成

もちろんウリ子のは、卵抜きで作った。

さて、食べる時がやってきたのだが。。。


本当のところをいうと、ウリ子は食べないと思っていた。




が。。。




美味しそうに、パクパクと食べたのだ!!




もうないの?という仕草まで見せる。


嬉しかったなぁ。
自分で摘んだつくしをこうやって食べて。。。

何か、感じてくれたら嬉しいなぁって思った。


来年もまた一緒に「つくし採り」に行こうね

楽しいひな祭り - 2007.03.04 Sun

全員集合

今日は楽しいひな祭りが、終わった。

先月中旬?下旬?頃からお雛さまを飾って、3月3日。。。当日がやってきた。

我が家にある雛人形は2種類ある。
私もアキも、そしてウリ子もお気に入りの雛人形。

小さくて可愛い雛人形である。

せっかくなので、一体ずつご紹介

左から3人は。。。

五人囃子1五人囃子2五人囃子3


そして、残りの2人が。。。

五人囃子4五人囃子5


次は三人官女。。。

三人官女1三人官女2三人官女3


そして。。。

お内裏さまお雛さま


なんとも見ているだけでニッコリ笑顔になってしまう。

さてさて、次は。。。


立ち雛


ちょっぴりお顔をアップに。。。

ちょっと上からUP

大好きな雛人形。。。

前にも書いたが、こちらは4月3日までお雛様を飾っている。
七夕と同じで、一ヶ月長いのだ。

そういうわけで、桃の花も、雛人形の形をしたお饅頭も、昨日で終わり。。。ではなく、数日は楽しめるというわけだ。

昨夜のおひな祭りのお祝いに、プーさんことMさんも我が家に来てくれた。

しかも、海老のお煎餅や、私の大好きな甘栗のお土産を持って

お雛さまのお祝いメニューは、ちらし寿司&ハマグリのお吸い物(手まり麩&星麩入り)、赤魚の西京焼き&鶏もも肉のカレー照焼き、ほうれん草のおひたし。

ウリ子がたくさん食べてくれればと思って、ウリ子が好きなものを用意してみた。

いっぱい食べてくれてとても嬉しかった。。。時々反抗しながら食べなかったり食べたりしたけど。。。(^^;

そして、待ちに待ったケーキの登場だ。

灯りの中のひな祭りケーキ

灯りの中のケーキはとても幻想的。

そして、ウリ子が火を消そうとがんばっていた。

ふぅ~っにゃは

この嬉しそうな顔を見ていると、こっちまで笑顔になった。

とはいえ、この暗闇の中のケーキは、どんなケーキだったのか。。。
それは。。。

電気をつけて

切るのがもったいないくらいだった。

ウリ子は迷わずイチゴをパクパク。




みんなが、「美味しいね」と言っているとき、ウリ子のケーキは。。。





きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ







で。。。



。。。とても、楽しい『ひな祭り』だった(^^;

豆田町のおひなまつり - 2007.03.01 Thu

今日は、大分県日田市の豆田町というところへ出かけた。

ものすごく天気が良く、道中菜の花がたくさんさいているのを見ては「すごぉ~~い」と声を上げていたくらいで、とても賑やかなドライブとなった。

いざ出陣?


豆田町。。。今、町の中は、「おひなさま」で一色となっている。
ここは、昔の建物が多く建ち並び、懐かしい雰囲気に溢れていた。

ちょうど、『天領ひた 豆田町のおひなまつり』が開催中で、たくさんの観光客で賑わっていたが。。。

おひなさままつり


のわりには、お雛様を撮影していない。。。というのも、古いお雛様も多く、出来るだけ良い状態で保存しておくために〝お雛様を撮影するのは遠慮してください〟みたいな張り紙がされていたからだ。

もくもくと


それに加え、ウリ子を代わる代わる抱っこしたり、お店に展示してあるお雛様を見たり。。。と、忙しかったのもあるが。。。(^^;

風は少し冷たかったが、ぽかぽか陽気に包まれ、とても気持ちが良かった。

そぉいえば、今日から3月だ。
何と早いんだろう。


その後、食事を済ませ、場所を近くの公園へと移動した。

ざわざわとした場所から少し離れているせいか、とても駐車場も広く、公園内もとても綺麗で広かった。

アスレチックを見つけたウリ子は、早速すべり台へ!

うわ~い

はじめは、1人で滑るにはじわじわ。。。恐る恐る行っていた感じがしたが、慣れてくると、ぴゅ~~~ん

もう誰にも止められない。

遊んでもらっているママ

ママもウリ子に遊んでもらった。

シーソーに乗せようとしてみたが、これは怖かったらしく、降りてから一生懸命私を楽しませようとしてなのか、押してくれた。

案外、これが楽しかったりするのだ。

大人になったら、こういった遊具で遊ぶのには勇気がいる。

しかし、小さい子供が一緒だと、心置きなく遊ぶことが出来るから嬉しい限り。

ありがとう、ウリ子!!


そうやって、日田の豆田町で時間が過ぎていった。

昨夜から、実家へお泊りに行っていたので、大分県の日田市までは1時間くらいで行ける。

帰宅後は。。。。くふふふふっ


明日へと続く。。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

calendar&archive

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子どもたちを連れて旅に出ようと企んでいます。(*^^*)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する