topimage

2017-11

秋を感じて - 2006.09.30 Sat

すっきりと晴れ渡る空が広がる秋の休日。(←平日なのだがアキの休日

ウリ子を連れて家族3人で大分県の九重そして熊本県の阿蘇へと出かけた。





ここ数日、私の体調があまり良くないせいか車に酔ってしまい、長者原というところで休憩をとることにした。



車を降りると空気がひんやりしている。
太陽光を浴びると温かいのだが。。。


アキがウリ子を連れて先に遊歩道へ向かい、気分が良くなってからその後を追った。




おぉ~~~っ


景色は

お弁当を広げたグループ(老夫婦だったり、年配女性達が多かったかな?)が、かなりいた。
外で食べるお弁当は、やっぱり美味しい。

が、今回は急いでいたため、お弁当は持参していない。

少々残念だが、美味しそうに食べているおばさま達を横目で見ながら、ウリ子の手を引いて歩いていた。


長者原の遊歩道にて


ふふっ

私の心の声が聞こえたわけではないのだろうが、おばさまグループが、「可愛いねぇ。マンマがココにあるよぉ」と、ウリ子に向かって言うではないか


さすがに、「ありがとうございます。じゃぁ、1つだけ。。。」っていうわけにもいかず(^^;

少しおば様たちとお話しをして、また遊歩道を歩いた。


ウリ子は、しっかりバイバイをして歩いていく。



知らない人にもバイバイをするウリ子。

小さい頃、「ウリ坊ちゃんは、よく挨拶をするね」と褒められたことを思い出す。
両親に強制された記憶は一度もない。
自然とするようになっていたのだろう。
挨拶をするって、とても気持ちのいいものだ。

ウリ子にもママの遺伝子が伝わっているのだろうか?
だとしたら、こようえなく嬉しい




長者原を後にし、『くじゅう花公園』へと向かった。

台風の影響を少し受けているとはいえ、なかなか綺麗に咲いていた。

くじゅう花公園1

平日だというのにお客さんは多い。
観光バスも到着するくらいだった。
が、人がいなくなった頃を見計らって、パチリ

くじゅう花公園2

白いコスモスは、「ソナタ」という名前らしい。。。入り口の所に「秋のソナタ」と、まるで「冬のソナタ」を真似たかのように書かれていたのには笑ってしまった。


『くじゅう花公園』には、花だけではない。
コスモスが咲いている脇には、銀色に輝くススキが風に揺れていた。

くじゅう花公園3


ここには、が一面に広がっていた。

途中で、ウリ子は去年に引き続き寝てしまったが、たくさんのコスモスに囲まれて気持ちが良かったのだろう。(←単に眠かったのかしら?)


公園内で昼食を採り、暫く公園内でくつろいだ後、阿蘇「大観峰」へと車を走らせた。





到着して車を降りると風が冷たい。

ウリ子にフード付きの上着を着せて一番景色のいい場所へと向かう。


大観峰1


午後(夕方近く)から「大観峰」へ行ったせいか、写真に収めようにも逆光で良いショットが撮れない。

眩しい中、動き回るウリ子を捕まえてがんばってパパが撮影していた。

大観峰2

大自然の中で、嬉しそうにするウリ子。
風が冷たいせいか、ホッペと鼻の先が赤くなりつつも楽しそうだった。


夕焼けが金色に輝きはじめた頃、ゆっくりと降りてきた。

ウリ子は、太陽を指差しているのか、景色の一部を指差しているのか、まるで「少年よ、大志を抱け!」ポーズをしている。

大観峰3

大自然の中で、1日中大自然の中で楽しそうに過ごしていたウリ子。

ここから見た夕陽は、ウリ子の心の中に残ると嬉しいな。。。そう思った。



願わくば大自然の中で、ウリ子を育てられたら良いなぁと思う。
私が健康に伸び伸びと育ったのも、それに近い場所だった。
四季を肌で、そして目で感じられるそんな場所。


久し振りに、自然に包まれて楽しい1日だった。
また3人で行きたいな。


素敵な素敵な、「秋の1日」。




今回の小さな旅は、年賀状用の撮影も兼ねていた。
だから、候補に挙がっている写真はあえてUPしていない。




今回の「小さな旅」は。。。

『阿蘇くじゅう国立公園の九重町飯田高原長者原』

詳しくは
http://www.buzenkids.gr.jp/yama/amagaike/amagaike.htm#tadehara

『くじゅう花公園』

詳しくは
http://www.hanakoen.kuju.oita.jp/top.html


『大観峰』

詳しくは
http://www.lemonet.com/~lemolemo/aso/miruku/daikanbou.htm

「大観峰」へ行くなら午前中からお昼過ぎくらいまでが良いようだ。
(↑次回の教訓にしよう!)

関連記事

● COMMENT ●

うらやましい~

大自然、綺麗だねv-363
うちは、都会のため、そういう場所に行くのは本当に本当に大変ですv-409

そういちも挨拶が大の得意だよ。そして自分から寄っていって、話しかける。
けど、こっちの子供は無視するのです…。下手すると「変な奴~」呼ばわりv-393
田舎に帰った時は、子供たちは挨拶を返してくれるし、無視される事もないので、土地柄の違いを感じる今日この頃。
私も願わくば大自然の中で子供を育てたいなあv-409

分かるわかる

>そういちくん
 分かるよぉ。
実家に戻るとそれをよく感じるんだよね。
今住んでいる所は、都会ってほどでもないんだけど実家よりは都会かも。
でもって、確かに挨拶を返してくれる子もいればそうじゃない子もいて、せっかくウリ子がバイバイしてるのに何で無視するの?って思っちゃう。
挨拶って素敵な事なのにネ
 きっとウリ子がそうクンに会ったら直ぐ仲良しになれるね。
早く会いたいなぁi-175


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uribou216.blog50.fc2.com/tb.php/206-48c9244c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぽわぽわ気分 «  | BLOG TOP |  » my car ?

calendar&archive

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子どもたちを連れて旅に出ようと企んでいます。(*^^*)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する