topimage

2017-08

九重『夢』大吊橋 - 2006.11.25 Sat

’06秋・温泉旅行その1


朝から晴天成り

1泊2日で、久し振りに九重の星生温泉へと出かけた。


回を重ねると、行く場所も決まってしまいそうだが、今回は新しく行く場所が出来た。


それは。。。


九重『夢』大吊橋


である。


10月30日に開通したばかりのこの吊り橋。

九重〝夢”大吊橋は長さ390m、高さ173m、幅1.5mの日本一の人道大吊橋である。
「日本の滝百選」に選ばれた〝震動の滝〟をはじめ、〝九酔渓〟、〝鳴子川渓谷〟の雄大な景色が満喫できる。


紅葉シーズンだし、かなり人が多いだろうなぁとは思ったものの、まさかこんなに多いとは思いもしなかった。


平日だというのに。。。
果たして、無事に渡れるのだろうか。。。(←ちょぴり心配

現地に到着したのがお昼の12時前。

「さあ、やっと橋を渡れるぞぉ!」

そう思ったものの、橋のそばの駐車場へ向かおうとすると、恐ろしいプレートが目に入った。




「3時間待ち」





警備のおじさんの指示により、臨時駐車場へと向かうハメに。。。
そこから無料シャトルバスを利用して、ようやく吊橋の所までとたどり着いた。

そこからがまた長かった。


並び始めてどれくらい経ったのだろう。

さすがにお腹も空いてきて、どこかに何か売っていないだろうか。。。と、だんな様にはそのまま並んでもらい、ウリ子を抱きかかえて食べ物を求めて歩いた。

お土産を売っている店を発見し、そこで鶏飯のおにぎりを手に入れた

何とか、お腹も満たされ、もう少しだと頑張って並んでいた。
ウリ子も一緒だし、案外楽しくこの待ち時間は流れて行ったように思う。
ありがとう。ウリ子

そぉして、並び始めて1時間経過した頃に、ようやく入り口へとたどり着いた。(ほっ

1時間待ったぞぉ

が、なかなか橋までたどり着かない。

風が出てきて、人もピークらしく、進むにもなかなかこれが遅いのだ。


ようやく、はじめの一歩を踏み出した。

ほぉ~~~っ

揺れてる。。。(^^;


まるで、酔っ払いみたいに揺れながら歩く私達親子。

揺れてるよぉ

ウリ子をひしっと抱きかかえて、がんばって歩いた。
揺れるには揺れるのだが、「怖い」というような恐怖心は不思議と湧かなかった。
何故だろう?
怖がっている場合じゃなかったのか???(←へ~~んなのぉ)


それにしても、景色は素晴らしい。

紅葉してます

紅葉しているのがパノラマ状態で目の前に広がり、それはそれは見事なのだ。


高~~~~い

下を覗き込むように見ると、やっぱりこの橋は高かった。。。(^^;

そういえば、この橋は、真ん中が網目になって下が見えるようになっている。
が、あまりにも網目が細かいせいか本当に恐怖心は湧かない。

ありがたい、ありがたい。。。

揺れても仁王立ちで

ほんの少し人が減ったせいか、ゆっくりと歩けるようになった。
それでも、揺れるので、ウリ子はパパにひしっと抱きついていた。


どのくらいの時間をかけて渡ったのかは覚えていないが、渡りきったところから振り返ると。。。

振り返れば

ものすごい人が動いているのが見えた。

「立ち止まらないで動いてください」というアナウンスが流れているのを思い出した。

まるで、上野動物園にパンダがやってきた時と同じ状態?みたいで笑ってしまった。(←初めて私が上野動物園に行ったときは、パンダの前でへばりついてず~~~っと見てました。)



それにしても、すごいなぁ。。。


吊り橋みたいな雲

しばらくして、また折り返しで橋を渡り始めた。


空を見上げると、まるで吊り橋?と思えるくらいのダイナミックな雲がそこにあった。

本当に吊り橋のように力強く。。。そして、美しかった。


見事な眺め

陽が差すと、景色がまた違って見える。
紅く色づいた木々の葉が遠くに見えた。


人が少し減った時、ウリ子を歩かせてみた。
全く怖がらず、揺れながらも一生懸命に歩いていた。
行き交う人から、「あらっ、あんなに小さいのに一生懸命歩いてる」と、驚かれた。
おまけに、「可愛い」とまで。。。
同じように歩いているのに、私は「当たり前」なのだと思うと、ちょっぴり寂しい気もした。(←おいおい)
でも、本当によく歩いたなぁと親ながら感心してしまった。


ようやく、橋を折り返して渡りきった。
ウリ子も、本当によくがんばって歩いたなぁと思う。
途中で、網目から下を覗き込んだときは、下を指を差して何かを言っていたくらいで、本当に大物になるんじゃないかと驚いたくらいだ。


さっきまで歩いていた橋を改めて振り返って見てみた。

どっひゃ~~っ

どっひゃ~~~っ

物凄い人である。

おまけに、時計は午後2時半を過ぎていた。


橋を渡るだけなのに、こんなに時間を費やすなんて思いもしなかった。


生還記念?

とはいえ、無事に橋も渡り、生還できた。
くふふっ

そうそう、この橋を渡るのに時間を要したがとても楽しく過ごせた。

少しの時間だったが、色んな人との出逢いがあり感謝感謝
一期一会。。。お互いの思い出の1ページに少しだけ登場できたかな?

それにしても。。。

ウリ子って本当に凄い。
なぜなら、色んな人に手を振って仲良くなり、マロングラッセをもらったり、あめ玉をもらったり。。。

はっきり言ってママには出来ない。
この年でウリ子と同じようなことをしても、「この人、大丈夫?」で終わってしまいそうだから。。。(爆)


この後、いつも行く「やまなみ牧場」そして、「長者原」を経由して、星生温泉へと向かう。


。。。つづく。。。
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uribou216.blog50.fc2.com/tb.php/249-8e54378e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長者原~星生温泉 «  | BLOG TOP |  » ばいばい

calendar&archive

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子どもたちを連れて旅に出ようと企んでいます。(*^^*)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する