topimage

2017-11

楽しくてハードだった京都への旅vol.1 - 2007.09.09 Sun

朝8時20分、マンションの駐車場に待っているタクシーに乗り込み、JR博多南駅へと向かった。


。。。と、ここまでだと、ものすごくスムーズに駅へ行けたように思えるが。。。



昨夜は「明日ちゃんと起きられるかな?」とか色々と考えていたらなかなか寝付けず、翌朝は6時40分に目覚ましをセットしていたにも関わらず、朝5時半に目が覚めてしまって、それから眠ることが出来なくなってしまっていた私

Akiがいないと、相当なプレッシャーを感じてしまっている自分がいた。←珍しい

おかげで、余裕を持って準備を出来たのだが、ウリ子はいつものようにzzz(^^;
果たして無事に行けるだろうか。。。と心配していたら、うまい具合に起きてくれた
着替えを済ませ、準備していた朝食を食べさせていたら。。。げっ!あと5分で出かけなければいけない時間が迫っているではないかっ!!!!

仕方がない。。。食べかけの朝食をアルミホイルに包んでウリ子に持たせ、待っているタクシーへと慌しく向かった。

運転手さんは女性で、とても優しい感じの良い方だった。
気持ちよく駅まで向かうことが出来たし、何よりも天気が良いのが嬉しかった。


余裕で駅に着き、エレベーターで移動。。。ふふふっ出だしは順調、順調

そして、博多から新大阪までの新幹線の切符は持っていたが、博多南から博多までの切符を買わなくてはならない。
そこで、売り場に並んでいたら。。。

前で切符を買っているおじさん。。。遅い!遅すぎるよぉぉぉぉぉぉ!!

乗るはずの新幹線はホームへやってくるし、出発まで2分くらいしかない。
切符を買って、荷物とウリ子を抱えて。。。果たして間に合うのか!?
と、思っていたら、そのおじさん。。。「大丈夫、大丈夫」

おじさんは荷物が少なくて良いだろうけど。。。早くしてよぉと顔は笑って心で泣いていた私

ようやく切符を買い、スーツケースとウリ子を抱きかかえて改札を通り抜け、階段を上って何とか新幹線に乗り込んだ。。。と、その瞬間にドアが閉まった。

間に合ってよかったぁ(^^;

博多南から博多までは全席自由席になる。
そのためか、1人で座っている人が殆どで、とりあえずウリ子を座席に座らせ私は荷物を支えて立っていた。

すっ、すると。。。ウリ子が。。。

「ごはん

と、嬉しそうに大きな声で一言。


まぁ、親の都合で急がせたわけだし。。。と思い、アルミホイルの包みを開けて食べさせた。

ほんとに、嬉しそうにパクパク。。。この笑顔を見ると「まぁ、いっかぁ」って思ってしまう。


そして、10分で博多駅へ到着した。


新幹線の乗換えをしないで済むようにと選んでいたから、そのまま指定席に座った。
指定席を予約する時は、1人で予約している人が殆どだったみたいで、きっと隣りの座席は空席だろうと見込んでいた。

ウリ子を窓側に座らせて、新大阪に着くまでに絵本を読んだり、お絵描きをしたりしようと思っていた私。

出発時間が迫ると、案の定サラリーマンがどんどん乗車してきた。

。。。と、

こともあろうか、私の隣を予約しているおじさんがいたみたいで。。。(^^;
「なにも、ここに座らんでもいいやん、他にも空いとうやん」って心の中で思ったが、仕方がない。

どぉも並びで3人分の座席を取りたかったみたいで、通路を挟んで反対側には細身のお兄さん2人が座った。
会話が聞こえてきたのだが、先生と生徒らしく、おまけに思いっきり関西弁である。
となると。。。確実に最後のほうまで乗っているのだろうと思われた

その先生らしきおじさんは、横も縦も超でかい!!
そして、生徒らしきお兄さん達に「俺は寝る」みたいなことを宣言していた。
すかさず、ウリ子を抱えていた私は、「子供が騒いだらすみません」と言っておいたのだが、「いいですよ」と言いつつも「しまった」みたいな表情をしていたのは見逃さなかった私。

そして、新大阪へと新幹線は出発したのだった。


いつもと違う景色に、ウリ子は窓に貼り付いて楽しんでいた。

飛行機よりも座席は広いし、窓の外の景色も変わるし、ひょっとして大丈夫かも

何度となくトンネルに入ると、怖がり始めるようになった。
楽しんでいた景色が突然真っ暗になるから仕方がないのだろうけど。。。がんばれっ!ウリ子!!

トンネルに入ると気圧のせいで耳が詰まったようになる。
それを回避するためにウリ子には持ってきたお茶やリンゴジュースで乗り切ってもらった。

が、そのうち退屈し始め。。。「し~っ」と言ってトイレに行きたがった。
巨大なおじさんに「すみません」と言ってトイレへ向かい、横揺れするトイレで一時はどうなるかと思ったが、有り難いことにオムツ交換台が設置されていて安心して済ませることが出来た

このまま座席へ戻るのもなぁ。。。と思い、誰もいない通路や乗降口付近でウリ子と遊んだ

これを2度ほど繰り返し、そのうちウリ子は眠ってくれた

はっきり言って、暑くて重かったけれど、泣かれるよりは。。。と頑張って抱きかかえていた

お昼寝(朝寝?)も終わり、すっきり爽やか状態のウリ子は、持ってきたお煎餅をパリパリと素敵な音をたてて食べ始めた。

「ゴメンね、おじさん。。。(^^;」

ウリ子と窓から姫路城を見たりして楽しんで。。。いつの間にか新神戸に。


ここでかなり嬉しいことがっ!!!!!!!!!!

あのおじさんご一行が新神戸で降りるのだ。
わ~い、わ~い

新神戸から新大阪まで一駅だったが、とても快適な新幹線の旅を楽しんだ私たち。
到着後在来線へ乗り換えの改札口へと向かった。
改札付近にAkiの姿を見つけて。。。ウリ子は久し振りに会うパパを見てとても喜んでいた。。。といっても、1日振りなんだけどね(^^;

私たちが新幹線で大阪へ向かっている間、Akiは大阪城へ行っていたらしい。

アキ、大阪城へ

海外からの観光客で溢れる中、とにかく暑くて、ヘロヘロになっていたというAki。

天守閣より市内一望

金ピカになった大阪城をほどよく楽しんで、新大阪へ向かったとか。

きっと、Akiも駆け寄るウリ子の笑顔に元気になったことだろう。

そして、新快速の電車に乗って京都へと向かった。。。つづく。。。
関連記事

● COMMENT ●

大変だったね♪

子連れは、どこに行くのも大変だよね♪
荷物を抱えて子供を抱いて...。でも、ウリ子ちゃんはえらいなぁ~(^^)家の息子は1歳5ヶ月で、i-32デビューを果たしたけど私がi-49に行く度に旦那に抱っこをしてもらっても「ママ~~~~~」と満員の中を泣き叫びi-240私がi-49から帰ってくるまで泣いてたましたi-238挙句の果て旦那に「i-49ガマンしろ~~~~~」と言われたけど妊婦の私には到底ムリ~~~!
京都~博多到着まで大汗もんでしたi-202

◆しゅんみやさん

ウリ子が1歳5ヶ月だったら同じだったかもしれませんね(^^;
ウリ子が1歳半で飛行機デビューした時は、行きは良い良い帰りは。。。でしたから。
小さい子にはストレスがたまって仕方がなかったのでしょうね。
今は爆睡していますが、寝ているときが一番静かですよねv-410

おっつ~

わかる。わかる。

子供連れの移動は
タイヘンだよね~

ママはタイヘンだけど
きっと
いい思い出になるよ~!

そうそう
10月末位に福岡に行く予定です
タイミングがあえば
ちょこっとでも会いたいですね♪

私、息子と二人で新幹線…なんて、とても無理かも。
でも旦那様の出張に合わせて一緒に旅行って素敵!
私も一回だけ付いていったことがありますが、
やはり邪魔みたい(苦笑)
今度の出張も やんわり断られましたっっ

(^^)

◆よっこさん

 荷物だけでも物凄い量になりますから。。。本当に体力勝負ですよね(^^;
そして、確かに良い思い出が確実に増えていっています。

 10月ですね?
うわぁ。楽しみです♪
ぜひぜひ連絡下さいね。
楽しみにしています(^^)


◆あきさん

 いらして下さってありがとうございます♪
新幹線では予想外だったために、全然写真が撮れませんでした(^^;
お子さんがもっと大きくなってであれば、ご主人も出張に付いて行くのを快く了承してくれる。。。はず。。。?


管理者にだけ表示を許可する

楽しくてハードだった京都への旅vol.2 «  | BLOG TOP |  » いざ出発!

calendar&archive

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ archive
 

about *Luna

遊びに来てくれてありがとう♪

Luna -ウリ坊-

Author:Luna -ウリ坊-

もともと旅好きで独身の頃は国内外問わず旅をしていました。いつかまた子どもたちを連れて旅に出ようと企んでいます。(*^^*)

comment ありがとう!

counter

ありがとう(^^)/ あなたは

番目の訪問者です♪

My family's 誕生日♪

*script by KT*

Wedding Anniversary

category

Blog Open から

ウリ子誕生から

ほーちゃん誕生から

ブログ内検索

Link

このブログをリンクに追加する